リュズンヨルで始めてリュズンヨルで終わる ‘お金'(総合)

L4iLauB_o

“お金というのは本当に難しいようです。人ごとに同じ考え、また異なる考えで映るとても独特の何かと思います。この作品をしながら人がお金の上になければならないのではないかと言う考えがたくさんしました。”リュズンヨルが6日ソウル中区メガボックス東大門で開かれた映画 ‘お金’のマスコミ配給試写会及び記者懇談会でこんなに言った。彼は劇の中で金持ちになりたい新入株式ブローカーチョ・イリョン役を務めた。チョ・イリョンはベールに包まれた作戦設計者番号札(ユ・ジテの方)に会いながら大金を手に握るようになる人物だ。リュズンヨルは “シナリオでチョ・イリョンという人物に共感になってどう表現して、どう観客と分けるか悩んだ”と説明した。引き続き彼は “私の人生において ‘お金’というのに対していろいろ悟ることと覚ますことを週は良い時間だった”とし “お金に振り回されるより私がお金を振り回したら良いという心を持った”と付け加えた。リュズンヨルははじめから最後まで映画を導いて行く。67回次撮影の中でおおよそ60回次出演する。彼はイルヒョンの時々刻々変化する人物を立体的に描いて試写会で好評を博した。ワンマンショーと言っても過言ではない。しかし彼を裏付けるのはユ・ジテ、チョ・ウジンなど俳優たちの熱演だ。俳優ごとに自分のキャラクターによくへたばって映画の没入島を高める。ユ・ジテは重たい声と特有の知的な雰囲気で映画の緊張感を形成する。ここに鋭いながらも気ばたらきあるように雰囲気を換気するチョ・ウジンが加わった。ユ・ジテは映画 ‘サバハ’に引き続き ‘お金’でも悪役を務めた。しかしきめが他の悪役を描いて風変りな楽しさを与える。彼は “映画作業をする時はいつもシナリオに即して監督が書いた文、現場でスタッフの作ろうと下はきめに付いて行こうと努力を傾ける”と言った。引き継いで “私は節制延期が好きだ。しかしその感情が監督や製作陣が描きたがるきめなのかいろいろと考える”とし “演技する時少しでももっと高級に表現しようと努力する”と付け加えた。チョ・ウジンは今度作品で金融監督院首席検事役を務めた。先立って去年封切りした映画 ‘国家不渡りの日’では財政国借款役を務めて金融と係わった職業でぞくぞく観客と会った。彼は “どんな作品、どんな人物をしようが間に差別性を思って近付かなかった”とし “私の次第の便を差し上げようとすると次官は政治家で ‘お金’でハンジチォルはまじめな会社員で始めた”と説明した。彼らだけではなくキム・ゼヨン、チョン・マンシク、円陣よ、キム・ミンゼ、キム・ゾンスなどがっちりしている演技力を持った俳優たちが映画をふんだんにさせた。’お金’はパク・ヌリ監督の初イブボングザックだ。彼は原作小説の後半部を脚色して他の結末をつけた。パク監督は “映画化しながら必ず勧善懲悪ではなければならないという考えなかった”とし “熾烈に暮した友達が一連の事件を経験しながらたくさん成長して変化した姿を見せてくれたかった”と企画意図を明らかにした。’お金’は来る20日封切り。上映時間は115分だ。15三観覧可。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747345.htm, 2019/03/06 18:13:43]