“忠誠!”チ・チャンウク→’丸坊主’ キム・ソンギュまで…軍旗ぐっと ‘新興武官学校'(映像)

54nf6tB_o

“忠誠!’新興武官学校’, よろしくお願いいたします。”俳優チ・チャンウクだけではなく作品に参加した陸軍スターたちの敬礼音が ‘新興武官学校’ 試演会に響いた。5日午後3時ソウル市鴨鴎亭洞光臨アートセンターBBCHホールで陸軍創作ミュージカル ‘新興武官学校’ 試演会が進行された。この日試演会はハイライト公演試演、フォト及びトクタなので進行された。俳優チ・チャンウク、コ・ウンソン、カン・ハヌル、チョ・グォン、キム・ソンギュ、イ・ジンギ(オンユ) など出演陣とパク・ジョンア作曲・音楽監督、キム・ドンヨン演出、チェ現員振付監督、徐廷柱武術監督が参加して作品に関して話を交わした。’新興武官学校’は大韓民国陸軍の根になった新興武官学校を背景で日製に抗して奪われた国を取り戻すためにすべてのものを捧げた平凡な青年たちの話を描くミュージカルだ。今年3・1 運動及び大韓民国臨時政府樹立100周年を記念してアンコール公演を定めて先月27日から公演を始めた。この日行事では兵長チ・チャンウク、一兵コ・ウンソン、兵長カン・ハヌル、一兵チョ・グォン、一兵キム・ソンギュ、二等兵イ・ジンギ(シャイだからオンユ) など現役服務中のスターたちが軍旗が一杯な姿で作品を向けた愛情と愛国心をあらわした。俳優たちは ‘新興武官学校’ アンコール公演に参加する所感を明らかにする前に “忠誠!兵長チ・チャンウクです” “忠誠!兵長カン・ハヌルです”と言うなどグックインとして身分を忘れなかった。自分を学んでみる ‘兵長’で紹介したチ・チャンウクは劇の中で庚戌国恥に自決した儒生の息子、冬葵役を務めた。彼は “‘新興武官学校’という意味ある作品に参加するようになって栄え栄えしく思う”とし “私がこの公演をしながら軍生活を送るようになったが、公演しながらも多いものなどを感じてもう一度思うことができる時間になった”と明らかにした。”兵長で進級をお祝い申し上げます”と言うチョ・グォンのあいさつを受けたりしたカン・ハヌルはチ・チャンウクと一緒に ‘新興武官学校’ 初演を導いたメンバー。劇の中でイ・フェヨンがおさめて育てた子供と同時に新興武官学校で立派な学生に成長する八道で扮する。彼は “私が初演から作品に一緒にして来てチ・チャンウクさんとも合が本当によく当たったが、そのように引き続きみたいな人々としていると何か故でありなって行く感じもした”とし “ところでこんなに新しい人々と呼吸を合わせて作品を引き続いたら気持ちが良くておもしろく参加している”と説明した。チ・チャンウクと一緒に冬葵役にダブルキャスティングされた ‘一兵’ コ・ウンソンは “大韓民国軍人として公演に参加することができるようになって光栄だ”とし “‘新興武官学校’をきっかけで我が国の歴史に関してまたもっと深く勉強するという考えで参加している。我が国にあった歴史を反芻することができて意味深くて大韓民国国民というのが誇らかだ”と告白した。彼ら外にも日本陸軍士官学校卒業後独立運動を積極的に導いて行った新興武官学校教官池青天でダブルキャスティングになったインフィニットキム・ソンギュ、シャイだからイ・ジンギも口をそろえて言って “大韓民国陸軍として意味ある ‘新興武官学校’に参加することができて栄え栄えしい”と所感を明らかにした。’新興武官学校’は去年9月国立中央博物観劇場竜で初公演を披露しながら始めて先月6日大邱での公演を最後に4ヶ月間の全国ツアーを仕上げた。当時評壇と観客の好評を引っ張り出して創作ミュージカルの新興興行強者に浮び上がって、初演から参加したチ・チャンウク、カン・ハヌルなど外新しい俳優たちを投入して合計46人が一緒に作り出すアンコール公演が企画された。チェ型院振付監督は “初演の時は初めて会った軍人俳優たちと創作陣が作ったから彼らが上手なよりは素敵な一作品を作り上げるのに重点を置いた”とし “しかし再演はお互いに親しくなってお互いの長短所をもう分かっているという点で変わった。アクロバティックが上手な俳優が誰だか、踊りをもっとザルツはメンバーが誰だかなどお互いの個性と特徴が分かってもっと詰んで見どころある振付たちを構成した”と説明した。このように初演俳優と再演俳優が会って一緒にアンコール公演を導いて行く ‘新興武官学校’.再演俳優に参加したイ・ジンギは “もう初演の時一緒にした俳優たちが合をよく押し堅めておいて私を含めた新しい俳優たちが合流してもどんな難しさがなくて感謝して光栄だった”と言って俳優たちのチームワークを誇った。ミュージカル ‘新興武官学校’ アンコールは先月27日から公演を始めたし4月21日まで光臨アートセンターBBCHホールでつながる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747225.htm, 2019/03/06 00:00:02]