‘抗拒’ 100万突破目前。..ボックスオフィス1位は ‘危機’

blk08tB_o

韓国映画界では初めて扱われた柳寛順素材の映画 ‘抗拒:柳寛順話’がたゆまぬ上昇勢を見せている。3・1節100周年を迎えもっと意味ある映画人位観客たちの格別の関心を受けている。しかし伏兵 ‘キャプテン・マーベル’の登場で ‘抗拒:柳寛順話’はボックスオフィス1位を奪われる危機に処した。6日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば去る27日封切りした ‘抗拒:柳寛順話'(監督チョミンホ)は5日一日の間3万5152人の観客を動員、累積観客87万313人を記録してボックスオフィス1位を維持した。全国899個劇場で3788番(回)上映した結果だ。しかし6日 ‘キャプテン・マーベル’が封切りしながらボックスオフィス地殻変動が予告された。この日午前11時基準、前売り率を見れば ‘キャプテン・マーベル’は91.3%で圧倒的だ。前売り観客数はおおよそ44万9265人だ。一方 ‘抗拒:柳寛順話’は前売り率1.1%で前売り観客数は5291人だ。圧倒的な車だ。’抗拒:柳寛順話’は3・1節を狙って出た映画である位時期的にきっかりあった。低予算映画にもかかわらず、俳優コ・アソンが柳寛順をよく描き出して好評を博し、映画に対する深い響きが多い観客を捕らえた。しかし ‘キャプテン・マーベル’が登場しながらボックスオフィス雰囲気は忽ち逆戦されるようだ。’マーブル共和国’と呼ばれるほどマーブルシネマティックユニバース作品に高い関心を見せる国内観客たちが ‘キャプテン・マーベル’にこの上なく大きい関心を見せているからだ。’抗拒:柳寛順話’は独立運動家以前に普通人だった十七少女柳寛順と西大門監獄8号室女性たちの自由に向けた叫ぶことを盛った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747272.htm, 2019/03/06 11:15:56]