‘防弾少年団所属社’ ビックヒトエンターテイメント、ユン・ソクジュン共同代表取締役先任

44Bx8tB_o

アイドルグループ防弾少年団とトゥモローバイトゥゲザー(TXT) 所属社ビックヒトエンターテイメントにユン・ソクジン共同代表取締役が先任された。ビックヒトエンターテイメント(以下ビックヒト)は5日定期取締役会を開催してユン・ソクジュン展CBO (事業総括)を共同代表取締役に先任したと発表した。今度共同代表取締役線なのでバン・シヒョク代表はビックヒトの製作部門を、ユン代表はグローバルビジネス、映像コンテンツ及びIP(知識財産権), プラットフォーム事業などを含んだ私は事業部門を統べるようになる。所属社によれば今度あいさつはビックヒトが急激に成長するによってコンテンツ製作と事業二つの領域を分離してそれぞれの専門性と競争力を強化するという主旨だ。ユン代表は2010年ビックヒトの戦略企画引っ越しに迎入されてコンテンツ製作及び組織管理、事業運営などの前領域をあまねく経った。その間革新的なアイデアと事業感覚で多い成果を成したビックヒト成長の ‘隠れた主役’で評価を受ける。ビックヒト合流直後からコンテンツ発掘とプラットフォーム構築に先に立って来たユン代表はアイドル産業の未来とともに音楽ストリーミングと映像コンテンツの大切さを予測して映像コンテンツ専門チームを構築して刮目に値する成果を出した。今日防弾少年団の人気秘訣で数えられる ‘ファンコンテンツ’も彼の手で誕生した。防弾少年団が本格的な成果を出し始めた2015年からは事業企画室長として事業を確張して高度化することに集中したし、2017年からはグローバルパートナーシップとネットワークを強化して防弾少年団のIP 事業課ワールドツアーなど中長期的な機会拡大に総力を傾けた。ビックヒト側は “ユン・ソクジュン代表取締役は最高のコンテンツを作るための努力をあきらめないながらも新しい領域に敢然と挑戦して来た人物”と言いながら “今度共同代表取締役先任を通じて部門別専門性を強化してファンの期待に応じて、国際競争力を育てて行くこと”と明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747254.htm, 2019/03/06 09:28:54]