イ・ジュヨン、’無礼’と ‘親近’ 間

m5yUeuB_o

“お兄さん、話退屈だと。”カメラさえ帰れば表情が変わる何人のスターを置いて ‘先後が違う’と言う。終始一貫無表情していながらもカメラさえ突き付ければ明るく笑うガール・グループや氷のように冷たくふるまっていながらも急に仲間に安否を伺う俳優たちの代表的だ。じっと考えてみれば ‘芸能人’を職業にする人々だ。そのため ‘先後が違う姿’はどう思えば自分の職業に充実だという反証だと言うこともできる。ところで最近、芸能人と言う(のは)本分にも充実ではなくて芸能番組と言う(のは)コンセプトにもかかわらず全然愉快ではない、はらはらするトークで人性まで挙論されたスターがいる。MBC 芸能番組 ‘ラジオスター’に出演して論難になっているガール・グループアフタースクール出身イ・ジュヨンだ。イ・ジュヨンは6日午後放送されたMBC 芸能番組 ‘ラジオスター’に出演して山ほどの放送態度と適切ではない言行で多くの視聴者に ‘無礼だ’は指摘を受けた。この日放送でイ・ジュヨンは一緒に出演した俳優ソン・ジェリムの話に全然集中しなかった。彼だけではなくソン・ジェリムがトークを引き続く中間、の隣にいるゲストと違う話をする姿がそのままカメラにつかまったりした。見るに耐えないキム・グラが “何の話をしていますか?”と聞いたが、イ・ジュヨンは “乾燥する”と答えるだけだった。結局中間に沿ったソン・ジェリムがきまり悪いように “水ちょっと召し上がってください”と言いながら水を渡した。するとイ・ジュヨンはソン・ジェリムをじっと眺めて “いや、お兄さんの話退屈だ”と先立ってソン・ジェリムが言ったことの主題を指摘した。以後にもイ・ジュヨンの無礼な言行は続いた。一緒に出演したクァク・ドンヨンがトーク途中彼女を一番来ると言う付き合った期間が90日だと言うと嘲笑って彼を荒てるようにしたこと。イ・ジュヨンが遅く “すまない”と謝ったが、視聴者も不便できまり悪かったという反応が主だ。この以外にもイ・ジュヨンは “トークショーが初めてだから怖いのに変なこと質問たくさんしなくくれるで” “言葉をたくさんかけなくくれるで” “去年酒の味に目覚めた。それでお酒をほとんど毎日飲んだ” など放送と相応しくない言葉で眉をひそめるようにした。’一筋’ 差が相手に笑いを与えたり不快さを与えたりするものだ。彼の言葉のように久しぶりに出演した芸能番組だったら、トークショーが初めてだから怖いのならもうちょっと慎重に発言しなければならない。他の異意言葉に聞き入らなければならなくて一緒に出演したゲストを気配りしなければならないという惜しさが残る書き入れ時だ。相手を指摘しながら笑いを誘発しようとする ‘ディスコメディー’は言葉で一番気を付けなければならない部分で一番鋭敏だからだ。芸能人ゲストでTV 芸能番組 ‘ラジオスター’に出演したら、その席にふさわしく話を引き続かなければならない。イ・ジュヨンが足踏んでいる席が焼酒を傾けて親しい仲間たちとぺちゃくちゃしゃべる席ではなかったから言葉だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747383.htm, 2019/03/07 11:35:39]