ソン・ベッギョン、アイドル→社長→星宇…人生3幕を応援して

Jy25buB_o

一番(回)の人生を生きながら全然違った職種の職業を三度や経験した人がいくつだか。それも当代最高のアイドル、カレー家社長、公採星宇だなんて。大衆にはワンタなので一番慣れたソン・ベッギョンの話だ。ソン・ベッギョンは6日午後自分のインスタグラムに2019年度KBS 専属星宇公採受験票を撮影した写真とともに長文の文を書いた。ソン・ベッギョンがあげた文にはKBS 専属星宇公採に合格したという消息が盛られていた。彼は “20台血わいた若い時代には何かを挑戦したり始める時恐ろしがらないでときめく心だけでした”とし “しかし今度挑戦位胸のときめきより恐ろしさが先立った時もなかったようですね。私の年四十一歳。何かを学んで挑戦するには少なくない年であることには明らかです”と率直な心境を打ち明けた。引き継いで “それでも声優になるという心に決めて挑戦してKBS 星宇合格という貴い結果を得ることができるようになりました”と合格消息を伝えた。ソン・ベッギョンは最後に “20代を歌手に生きて30代をチャン贅沢で住んで行って40代にまた大衆芸術界で帰って来ることができるようになってとても嬉しいです”とし ‘星宇ソン・ベッギョン’の未来を期待するようにした。ソン・ベッギョンの挑戦がもっと意味ある理由は彼がミュージシャンで最高のスポットライトを受けてからそのすべてのものを下ろした経験があるからだ。去る1998年1集アルバム ‘1TYM’で歌謡界にデビューした彼は1集からメインプロデューサーで直接曲を作って舞台に上がった。ソン・ベッギョンのトレンデーした音楽は当時10代青少年たちに大きい人気を呼んでヒップホップの大衆化に大きい寄与をしたという評価を受ける。3集からは現在YGエンターテイメントの代表プロデューサーであるテデーといっしょにプロデューシングをしたがテデーの独特のメロディーが大衆性をよく読み出すソン・ベッギョンの眼目に調和を成すと幾多のヒトゴックが誕生された。おかげさまで二人がプロデューシングした ‘HOT トゴ’と ”Without you’は相変らずヒップホップファンに膾炙されたりする。しかしすべてのグループがそのように、ウォンタイムも光栄の瞬間は終わり用意。ウォンタイムも自然に解体手順を踏むようになって各自の道を歩いた。幼い時代から芸能界活動を一スターが引退すれば大部分昔の光栄を忘れることができなくてしばらくつらがったり経済的な部分に鈍感で適応に困難を経験する。そして結局芸能界に帰って来ることがたくさんある。しかしソン・ベッギョンは忽ち二番目職業人に適応した。’カレー集社長’で完璧に変身したこと。現在までもカレー家を運営して安定的な収入をあげているからだ。自分の名前をかけて大きくて派手な店を開いてから早い時日に閉業を宣言するスターたちもいるが、ソン・ベッギョンは小さい店を開いて少しずつ規模を広げて行った。初盤 ‘ウォンタイムソン・ベッギョンのカレー集’できらっとあつい人気に乗ったりしたが、商売に集中しよう ‘ウォンタイムソン・ベッギョン’は忽ち大衆に忘れて行った。そうだった彼が控え目に星宇を夢見ながら準備していたとはだ。”40代にまた大衆芸術界で帰って来ることができるようになってとても嬉しいです”と言う彼の言葉がもっと解けなく近付く理由だ。また帰って来た彼の声が期待される。ソン・ベッギョンの人生3幕を熱く応援する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747343.htm, 2019/03/07 00:00:03]