‘ビッグイシュー’, 4.6% 惜しい出発。..水木ドラマ1位可能だか

nj6teuB_o

追っかけマンを素材にしたSBS 新しい水木ドラマ ‘ビッグイシュー'(シナリオザングヒョックリン、演出イ・ドンフン)がベールを脱いだ。前作 ‘皇后の品格’が派手に幕を閉じただけ ‘ビッグイシュー’ やはり少なくない影響を受けると予想したが、同時間帯2位にちょっと惜しい出発を知らせた。現在独走しているKBS2 ‘どうしたの風霜さん’を破って1位ができるか関心が集中される。7日視聴率調査会社ニールセンコリアによれば去る6日初めて放送された ‘ビッグイシュー’ 1回、2回はそれぞれ4.1%と4.8%を記録した。同時間帯放送されたKBS2 ドラマ ‘どうしたの風霜さん’は15.2%と18.1%を、MBC ドラマ ‘春が来るが春’は2.9%と3.3%を記録しながら ‘ビッグイシュー’は同時間帯2位を占めた。視聴率推移を見た時 ‘ビッグイシュー’は先月視聴率20%を記録した ‘どうしたの風霜さん’を取るまでちょっと時間がかかるようだ。’ビッグイシュー’ 初放送を見た視聴者たちは “曖昧に集中がうまくできなくて分散する感じがして惜しかった” “列車ギョックトシンは長くて退屈だった” “発煙期に映画級演出あまりオーバーだ” など惜しいという評価が多いからだ。去る6日放送された ‘ビッグイシュー’では都心真ん中で開く隠密なスキャンダルとそのスキャンダルを追う緊迫な追っかけマン現場が盛られた。すごくてVIP 客室で開く有名アイドルの賭博現場を密かに撮影するために列車に上がったチ・スヒョン(ハン・イェスルの方)は偶然に警察に追い回されたホームレスモルゴールのハン・ソクジュ(ジュ・ジンモの方)を発見、事故で来ることができなかった追っかけマンの代わりをして写真を一枚取ってくれと頼んだ。ハン・ソクジュは自分の娘を探してくれと言う条件をかけてチ・スヒョンの提案を受諾し、以後写真一枚を引き上げるために疾走する列車の上で死闘をした。しかし用心棒と肉弾戦をしたハン・ソクジュは列車の下暗黒みたいな川水の中に身投げをし、意識を失って行く瞬間過去を思い浮かべた。分かってみれば過去チ・スヒョンとハン・ソクジュは医者・女俳優スキャンダルに一回会ったことがあった。二人は偶然な出会いで意地悪な運命と対面するようになり、本格的な縁ではない縁を予告した。’ビッグイシュー’ 初の回のハイライトは列車シンと言っても過言ではない。多い時間を消費したこの場面はまるで映画 ‘雪国列車’を思い浮かべるようにした。しかし現実とへだたって異質感を与え、過度に長くて退屈さを抱かれた。派手な演出はドラマの完成度を高めたが、俳優たちのちょっと惜しい延期と説得力を失った設定が視聴者たちの共感台を形成することができなかった。しかしもう只今錨をあげただけこれからどんなストーリーで視聴者たちを捕らえるか関心が集中される。’ビッグイシュー’は毎週数、木曜日午後10時に放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747366.htm, 2019/03/07 09:46:45]