賭博水のもたらしたシュー、旅行行って反省中?

6iN5buB_o

“深く反省していてこれからもっと反省する。”わずか一月の前だ。シューは先月7日8億ウォン台賭博をした疑いで開かれた2審裁判でこんなに言った。しかし彼があげたお休み写真は法廷で強調した ‘反省’と言う(のは)単語を顔負けにさせた。シューは5日自分のSNS(社会関係網サービス)に写真二枚を載せた。公開された写真にはお子さんたちと海外に推定される休養地で楽しい時間を過ごすシューの姿が盛られた。ネチズンは彼の写真を見て軽率だという指摘がつながっている。自ら慎むという彼が海外旅行を楽しんでいる姿のためだ。するとシューは直ちにSNS アカウントを非公開で切り替えた。シューの側近は6日オセンに “子供達との思い出を残す意味で写真を載せたようだが、現在本人も自分の行動が軽率だったし、間違ったということ反省している”と言った。引き継いで “今度韓国に帰って来れば (賭博事件と係わって) 公式的な謝りや説明する席を作る計画もある。早いうちに話を交わすことにした”と付け加えた。シュー側近の解明にも非難の声は続いている。”ひととき妖精が賭博で物議をかもしておいて執行猶予受けたらるんるんるん旅行写真”(drbl****) “恥ずかしくても静かに住もうとするでしょうに”(ajle****) “人生が反省官種でもなくてあきれる”(rfig****) “悪口を言われたいことか。何の考えもないね”(skys****) などの反応だ。ソウル東部地裁刑事11単独ブリキした部長判事は先月18日数億ウォン台遠征賭博疑いに起訴されたシューに懲役6ヶ月に執行猶予2年を宣告した。社会奉仕80時間も言い付けた。裁判部は “被告人は大部分一般人の寝る児は有名芸能人で活動しながらギャンブルしながらますます回数もだんだん多くなって金額も大きくなった。非難可能性が相当だ”と言った。シューは宣告直後 “裁判長が下した着と社会的叱咤を通じて賭博の沼から脱することができるようになった”と言った。引き継いで “与えられた罰を受けることが当然なようだ。充実に遂行する”と抗訴計画がないことを明らかにした。これに先立ちシューは2次公判最後陳述で “何月の間本当に一日がとても長かった。間違いによってで再び多いことを感じた”とし “深く反省していてこれからもっと反省する。裁判長がくださった着意味いるように受けるようにするでしょう。物議をかもして心より申し訳ない”と重ねて謝った。しかし一月ぶりに載せられた彼の旅行写真にネチズンは “真正性ない反省ではないか”と彼の態度に疑問を示している。一方シューは去年6月ソウルのあるホテルカジノで2人に3億5千万ウォン、2億5千万ウォンをそれぞれ借りた後返さない事実が明らかになって彼の常習賭博事実が世に知られた。先月24日1次公判で検察はシューが去年8月6日から26回にわたってギャンブルしたと証拠を提示し、シューは公訴事実を皆認めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747347.htm, 2019/03/07 00:00:04]