“逃す瞬間終り”…イ・スジン監督が言う ‘偶像'(映像)

tICYguB_o

“手強かった作業でした。”(ハン・ソッキュ) “初めに中食という人を寝るこれしてできなかったんですよ。”(ソル・ギョング) “連火というキャラクターを接して恐ろしいという気がしたんです。”(チョン・ウヒ)7日ソウル竜山区CGV 竜山アイパークモールで開かれた映画 ‘偶像’のマスコミ配給試写会雰囲気は物静かで重かった。143分程の映画が終わると多くの人々の顔には疑問符が浮び上がり、どんな作品より映画の詳細的なものなどに関する質問がたくさん行き交った。イ・スジン監督は “観客たちが絶えず思わなければならない。それを逃してしまう瞬間には付いて行きにくい部分がある”と認めた。この監督は ‘偶像’を作るようになったきっかけに対して “その間韓国社会の多様な事件、事故が起るのを見ながらその手始めがどこなのかを悩んでいる途中作るようになった”と説明した。この監督は “‘偶像’という題目は辞書の意味と特に違わない”と説明した。引き続き彼は “私が思うこの映画の偶像はある個人が成したい夢や信念が盲目的に変わるようになればそれも一つの偶像にならないかと思う”と言った。俳優たちも延期しやすくなかったと打ち明けた。ハン・ソッキュは次期道知事候補に挙論されるほどに尊敬と信望が厚い道議員救命回役を務めた。しかし息子が交通事故に掛かり合いながら崖っぷちに立たされるようになる。ハン・ソッキュは “鮮やかな人物を作り出さなければならないというストレスが私を押さえ付けた”とし “トンが高くもなくてあまり低くもない適切な人物を作り上げるのが難しかった。ずっとチェックをしながら作業をした”と言った。ソル・ギョングは “ユズングシックという人物の選択が理解できなかった”とし “易しいキャラクターではなかった。中食の手始め店が感情のチェ絶頂から始める”と説明した。引き続き彼は “ユズングシックの感情は起承転結があるのではなくて、嘘ついて出なければならない感情なので易しくなかった。多い不足さを感じた作品だった”と打ち明けた。チョン・ウヒはこの監督と ‘ハン公州’に引き続き二番目作品を一緒にするようになったが彼にも ‘偶像’は決して易しくなかった。彼は “自ら限界をたくさん感じた作品だった”と言葉を言い出した。引き継いで “その間強くて強いキャラクターをたくさんやってみて球が良いことがあると思った”と率直に明らかにした。チョン・ウヒは “ところでリョンファという人物を6ヶ月の間維持するのが易しくなかった。撮影が長くなるほど撮影で難しい状況にたくさんぶつかった。マインドコントロールが易しくなかった”と言った。このように延期をする俳優たちもキャラクターを理解して、その意図を把握しながら演技するのが易しくなかった。しかし大変な位結果物は良かった。第69回ベルリン国際映画祭パノラマセクションに公式の招請されながら作品性を認められた。しかし国内観客にも通じるかは未知数だ。’偶像’は ‘ハン公州’を演出したイ・スジン監督の新作だ。映画は息子の事故で政治人生最悪の危機にあうようになった男救命回(ハン・ソッキュの方)と命みたいな息子が死んで真実を従うお父さんユズングシック(ソル・ギョングの方), そして事件当日秘密をおさめたまま消えた女ツェリョンファ(チョン・ウヒの方)まで、彼らが盲目的に守りたがった血なまぐさい真実に関する話を取り上げるだ。20日封切り。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747439.htm, 2019/03/07 20:07:59]