‘キャプテン・マーベル’ 二日ぶりに77万。..やっぱりマーブル共和国

8eRmkuB_o

やっぱりマーブル共和国だ。映画 ‘キャプテン・マーベル’が封切りしてから二日ぶりに77万観客を動員して100万突破を目の前に置いている。現在韓国映画が列をなして封切りを控えた中に ‘キャプテン・マーベル’の独走があくまでつながるか関心が集中される。8日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば去る6日封切りした ‘キャプテン・マーベル’は7日一日の間31万2474人の観客を動員、累積観客77万4148人を記録してバックスオピス1位を占めた。全国1996個スクリーンで1万948番(回)上映した結果だ。2位 ‘抗拒:柳寛順話’は同じ日2万52人の観客を集めて累積観客91万1063人を記録した。観客数面で圧倒的に差が出るがスクリーン数と上映回数で圧倒的な差が出る。’抗拒:柳寛順話’はこの日全国618個スクリーンで1826回上映された。’キャプテン・マーベル’とスクリーン数を比べた時3倍差が出て、上映回数はおおよそ10倍以上だ。’キャプテン・マーベル’の本格的なスクリーン独占が始まりながら再び韓国映画が立つ席を失った。しかし ‘キャプテン・マーベル’を向けた熱い関心はますますもっと高まっている姿だ。8日午前10時基準で ‘キャプテン・マーベル’は89.6%で高い前売り率を維持している。先立って ‘キャプテン・マーベル’は主演俳優ブリラスンによって ‘フェミニスト映画’と紹介されながら評点テロにあった。封切りの前から否定的な雰囲気が形成されながら ‘キャプテン・マーベル’に対する憂慮の視線があったが繕った。’キャプテン・マーベル’は封切り日当日46万857人を記録、累積観客46万1481人を動員した。今年封切りした ‘極限職業’の封切り初日観客受忍36万8582人を軽やかに超えたのはもちろん2019年最高オープニング記録だ。またマーブルソロムービー興行1位の ‘アイアンマン3’の封切り日観客数42万2504人まで超えてマーブルソロムービー最高前売り率を記録した。このように新歴史を書いて下がっている ‘キャプテン・マーベル’の独走体制はしばらく続くようだ。’キャプテン・マーベル’はパイロット出身で祈った飛行能力と宇宙の偉い戦死クリの一員として得た力強い力、そして人間的な面貌まで加わったキャロルデンボス(ブリラスン)の話を盛り込んでいる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747471.htm, 2019/03/08 10:01:11]