‘ヒーリング楽しさ’ 引き締めた ‘コーヒープレンズ’, 今日(8日) 営業終了

kaAgkuB_o

tvN 芸能番組 ‘コーヒープレンズ’が今日(8日) 最後の営業をする。’コーヒープレンズ’はユ・ヨンソクとソン・ホジュンが去年一年の間進行した寄付プロジェクトで始まった。楽しさ(Fun)と寄付(Donation)が結合したポネイション(Funation)の主旨を自然にとかし出して寄付に慣れない人々に良い影響を与えるきっかけになった。同時に芸能として楽しさも逃さなかった。TV 向こうで感じられるほど最善をつくすメンバーたちの真正性が目立って視聴者たちの気を引いた。またペク・ジョンウォン、チョ・ジェユン、ユノ・ユンホ、ナムズヒョック、セフンなどバイト生たちの活躍が毎回興味津津さをプレゼントした。だけでなく ‘スプティルフードファイター’ など食べ物芸能番組に最適化されたパク・ヒヨンPDがもう一度感覚的な食べ物演出を披露して視聴者たちの耳目をまともに捕らえた。このなかに ‘コーヒープレンズ’ 出演陣が製作陣に終映所感を明らかにした。ユ・ヨンソクは “私に ‘コーヒープレンズ’は楽しみだった。楽しい寄付のために始めたことだった位下手でもあったが楽しかった”と言った。ソン・ホジュンは “気軽いが残念だという表現がぴったりと合うようだ。難しいと思っていながらもお客さんたちを迎える時なら本当に幸せだった”とし “寄付が必ず雄大ではなくても良いということを学ぶことができて良かった”と所感を明らかにした。マネージャーを担当したチェ・ジウは “メンバーたち間の合がよく当たったようだ。何よりユ・ヨンソク、ソン・ホジュンお二人様がいたからここまで来ることができた”とし “二人の人のお願いを聞いて友達がこころよく済州島まで駆けて来たことを見ながら二人が心より羨ましかった”と言った。万能補助ヤングセゾングは “出演した皆さんが本当だ善良な方々だった。それで本当の記憶にたくさん残るようだ。良い記憶を作ってくださって心より感謝する”と明らかにした。’コーヒープレンズ’の初めと終りを一緒にしたチョ・ジェユンは “心残りよりは幸せな心が大きい。今後とも一緒に何かができるようでときめく”と伝えた。今日(8日) ‘コーヒープレンズ’ 最終回ではメンバーたちの最後の営業課その間の裏話が公開される。この以外にもお客さんたちから最も多い選択を受けた人気メニューベスト3, 百種元標ガムバスレシピなどが公開される予定だ。’コーヒープレンズ’の収益金全額は障害子供のための後援金に寄付される。後続で ‘スペイン下宿’が来る15日午後9時10分に初めて放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747462.htm, 2019/03/08 09:35:40]