ホン・ジンヨンあなた語~!…’フングブルリ’の帰還

rZsdmuB_o

このように可愛らしいことがあるか。愛嬌なら愛嬌、興趣ならふん、実力なら実力、外貌なら外貌。そこに謙遜な態度まで。何をするが足りないのがない。10代から80台まで、全国民から愛される歌手ホン・ジンヨンが初正規アルバムを持ってファンのそばに帰って来た。ホン・ジンヨンは8日午後ソウル麻浦区ペクボンロ35 西江大学マリーホールで開かれた ‘Lots of Love'(ラッツオブラブ) カムバックショーケースを開催した。ホン・ジンヨンの初正規アルバム ‘Lots of Love’はその間愛に関する歌を呼んで来てファンに多い愛を受けただけ ‘愛をいっぱい盛って送る’と言う意味を持った。特にタイトル曲 ‘今夜に’と共に多様な音楽的試みが覗き見える自作曲とトロット外ジャンルも含まれていて期待を集めている。この日ショーケースはコメディアンキム・ヨンチョルの社会でオープニングVCR, フォトタイム、タイトル曲 ‘今夜に’ ミュージックビデオ上映、タイトル曲 ‘今夜に’ 舞台最初公開、インタビュー、質疑応答、収録曲 ‘染みこむが、春’ 舞台順序に進行された。年齢帯を問わず愛されているトロットスターのカムバックであるだけにこの日行事には100余人の超える取材陣が参加して熱い関心を実感するようにした。幕が上がるとホン・ジンヨンが特有の愛嬌あふれるほほ笑みで観客を向けてあいさつを渡した。しかしこの日は天下のホン・ジンヨンもちょっと緊張になったのか瞬間瞬間凍りついた表情で進行者キム・ヨンチョルに頼った。ホン・ジンヨンの実姉ホンションヨンも客席一方に静かに参席して弟(妹)のカムバック舞台を応援した。友愛良い姉妹で有名なホンションヨンホン・ジンヨン姉妹だ。それでそうかホンションヨンは舞台に上がった弟(妹)よりもっと緊張した表情だった。正規アルバムタイトル曲である ‘今夜に'(Love Tonight)は1980年代ディスコファンキージャンルとトロットの新しい調和で誕生したレトロ風トロット曲だ。シンスベイスを基盤としたディスコポップサウンドをトロットに加えて老若男女誰も易しく呼ぶことができるホン・ジンヨンばかりの新しい ‘国民トロット’になる見込みだ。最初で舞台を公開したホン・ジンヨンは隠れる喘いで “‘今夜に’は今まで歌った歌の中で最も多い振付が入って行った曲だ”とし “はじめから最後までダンスをする。それでそうかこっそり大変だ”とずるいふざけた言い方を落とした。それとともに “いつもトロットを呼びながら悩んだ部分の多くの人が共感したら良いという考えをした。それでレトロスタイルにトロットを組み合わせてみた”と言った。去る2017年 ‘リーンと’に引き続きトロットにEDMを組み合わせて呼んだことに引き継いだホン・ジンヨンの新しい試みだ。ホン・ジンヨンは “いつも新しい試みをする度にのそばにいた方がチョ・ヨンス作曲家様だった。正規アルバムタイトルは無条件チョ・ヨンス作曲家様の曲でするという心があった”とタイトル曲の作詞作曲を引き受けてくれたチョ・ヨンスに向けて本気のこもるあいさつを伝えた。この日ホン・ジンヨンのショーケースは ‘未雲雨里子’で大きい人気を呼んでいる実姉ホンションヨンが愉快さを加えた。ホンションヨンを見つけた取材陣が彼に向けてフラッシュを噴き出すといけずうずうしい表情を見せてくれて雰囲気を愉快に導いたこと。ホン・ジンヨンは “お姉さん(ホンションヨン)にタイトル曲を聞かせるから ‘デージなの良い’と応援してくれた。お姉さんが ‘今夜に’を直接呼んでみたりした。実は私よりよく呼んでいたよ”と公演場裏手でずっと自分を応援してくれたお姉さんを親しく眺めた。この日ホン・ジンヨンはタイトル曲 ‘今夜に’ 外にも自分が直接作曲した収録曲 ‘染みこむが、春’を熱唱して行事を仕上げた。彼は最後に “初審を失わないと自ら心を押し堅めたりする。どうしてもそんな部分を見てかわいがってくださることではないかと思う。一様な姿で活動する”とし “トロット歌手に活動する同時に後輩養成にも力をつくす先輩になる”と今年活動覚悟を押し堅めた。ホン・ジンヨンの新曲 ‘今夜に’は来る3月8日(金) 午後6時各種音源サイトを通じて公開される。ホン・ジンヨンはこの日午後7時から西江大マリーホールで進行されるファンショーケースを始まりに初正規アルバム活動に出る。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747525.htm, 2019/03/08 17:38:24]