10cm・ケイの時・イ・ソラ。..アイドル占領チャートの中 ‘輝くソロ’

zlJiluB_o

アイドルグループが掌握した音源チャートの中でも堅固に上位圏席を守るソロ歌手たちがいる。3~4分間休む間なしに派手なメロディーでぎゅっと満たすアイドルダンス音楽も良いが、インディフォーク・バラードのように穏かに心をかばってやる歌たちが自分ばかりの色を守って静かに浮動の高い成績を維持している。◆ 10cm切符チジルした感性曲、’しかし’10cm(以下シブセンチ)は去る7日売り出したシングルアルバム ‘4.3’ タイトル曲 ‘しかし’で音源強者底力を見せてくれている。’しかし’は発売直後国内主要7個音源サイト(メロン、ジニーミュージック、バックス、ネイバーミュージック、ソリバダ、バックス、オルレミュージック) リアルタイムチャート1位に上がったし8日午前11時30分基準メロン、ジニーミュージック、バックス、ソリバダ、バックス、オルレミュージックリアルタイムチャートで1位を記録した。シブセンチは去る1月に開かれた単独コンサート4.2で新曲 ‘しかし’を先攻ヶした。当時曲は観客たちからシブセンチの代表バラード曲 ‘ストーカー’ 劣らない肝が小さい人物の悲しくて平気な愛話を盛り込んで ‘第2のストーカー’という好評を得たりした。シブセンチのクォン・ジョンヨルは “今度曲は違う10cmのバラードの中主人公のように悲しんでいる本音を誰にも話すことができない肝が小さい人物の話”と説明した。また “が歌主人公の話が私の話みたいであったりこの間別れた友達の話であるような共感を与えるでしょう”と伝えた。◆ ケイの時の興行逆走、’あの時が良かったの’ケイの時は去年12月31日売り出した曲 ‘あの時が良かったの’で逆走人気を享受している。’あの時が良かったの’は発売当時には大きい注目されることができなかったし音楽プログラムなど放送活動もしなかった。しかし最近KBS2 ‘リュウ・ヒヨルのスケッチブック’に出演してすぐれたライブ実力をあらわしながら好評を博し、以後 ‘あの時が良かったの’は国内主要7個音源チャート上位圏に上がった。しかしケイの時広報関係者側によればこれより先にSNS などで呼応を得たことがまた一つの推進力で作用した。所属社ネックスタエントテインモントで作ったピアノバージョン、カラオケバージョンなど多様なバージョンのSNS 映像が呼応を得ながら一般人カバー映像もSNSに多数上って来た。カラオケチャートでも順位が上昇して大衆の口コミを証明した。’あの時が良かったの’は日常の中誰も経験しそうな別離を素材でケイの時が直接作詞した。立ち去った愛との先日が後悔されて懐かしいが帰ることはできない現実を受け入れて良かったあの時を回想してたんたんと自分の本音を告白するような歌詞が印象的だ。◆ イ・ソラすればバラードだ、’リクエスト曲'(Feat.SUGA of BTS)イ所という去る22日売り出した ‘リクエスト曲'(Feat.SUGA of BTS)で ‘やはりイ・ソラ’という好評を博して音源チャート上位圏を維持している。’リクエスト曲’は誰かの上でが切実な夜ラジオの中DJが読んでくれる事情を聞きながら私に似ている話に慰労を得る内容の曲だ。防弾少年団シュががラップフィーチャリングを含めてラップ部分の作詞まで直接引き受けた。タプローは ‘リクエスト曲’の作曲及び作詞を引き受けた。特にシュがは ‘リクエスト曲’で、デビュー以後初めて他のアーティストの曲にフィーチャリングを参加した。’リクエスト曲’は発売次捺印23日午前8時基準メロン、エムネット、ジニーミュージック、オルレミュージック、バックス、ソリバダなど6個の国内主要リアルタイム音源チャート1位を荒した。今日(8日) 基準メロンリアルタイムチャート10位を記録した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747476.htm, 2019/03/08 13:52:03]