KT, 世界初でアパート・ビルランではそのまま5ギガインターネット速度具現

n1LhkuB_o

KTがアパート、ビルなどに構築されたレンソンをそのまま利用して最大5Gbps インターネット速度を提供するソリューションを世界最初に常用化した。KTは該当の技術をもとに去る5日から国内最大アパート団地である松坡ヘルリオシティ(9510世代)を始まりにランでは基盤10ギガインターネット技術の本格常用サービスに出ると8日明らかにした。KTは既存ランでは2カップルから1Gbps の中も提供が可能な技術を保有している。去る2000年以前に建築されたアパートや中小型ビルの構内配線大部分がランでは2カップルで設置されている状況だ。ランでは基盤の中も増加技術を適用時既存アパート内構内配線であるランでは環境でランでは2カップル、4カップルでそれぞれ2.5Gbps, 5Gbps インターネット速度が可能だ。KTは国際標準(IEEE 802.3bz)を準用して技術開発することで最大5Gbps 速度を提供して、環境によって5Gbps, 2.5Gbps 及び1Gbps 速度を自動で選択して提供することができる。KTはこの技術及び関連ソリューションを去る2018年も科学技術情報通信省・韓国情報化振興院の ’10ギガインターネット商用化促進事業’を通じて国内中小企業と協力して成功的に開発し、今年の初国立電波研究院主管の国家 ‘端末装置技術基準’にこの技術が含まれて改訂考試されるによって商用化のためのあらゆる基盤を確保した。KTは去る2016年からソウル、京幾首都圏と江原平昌一部地域で10ギガインターネットを構築して示範サービスを適用したし、去年11月から国内最初でソウル及び6台広域市を含めた全国主要都市で常用サービスを安定的に提供している。今度ランでは基盤10ギガインターネット技術が常用化されるによって、KTは国内最高の光インターネット網を基盤とする10ギガインターネットだけではなくランでは区間でも初室感UHD 映像サービス、バーチャルリアリティー(VR), 拡張現実(AR) サービス及び次世代ワイファイ(Wi-Fi) 802.11ax など大容量の帯域幅が必要なハイクオリティーの西ビスを顧客に安定的に提供することができるようになる。イ・ソヌKT インフラ研究所所長は “ランでは基盤10ギガインターネット技術開発を通じて光線路が設置されないアパートやビルなどに居住する顧客にも世界最高水準のハイクオリティー10ギガインターネットサービスを問題なしに提供することができるようになった”とし “全国どこでも10ギガインターネットを利用するように新しい技術を先導的に開発して行く”と明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747466.htm, 2019/03/08 09:42:41]