‘TVは愛を積んで’ アン・ゼモ、幼い時代オトしたから。..”足ブッイルデなかった”

udqMnuB_o

俳優アン・ゼモが大変だった幼い時代を公開した。アン・ゼモは8日午後放送されたKBS1 ‘TVは愛を積んで’に出演した。この日アン・ゼモは “幼い時義男妹のように親しく過ごした人々がいる”やイ・サンフン、以上は兄と妹を探した。兄と妹を尋ねに行く途中でありアン・ゼモは幼い時代故郷である釜山に過ごした時から当時を回想した。アン・ゼモは “釜山でお父さんが事業も大きいようにしてそうだったが急に工場が不渡りになるせいでソウルで上京をした”とし “ご両親先に上って来て、私どもが4兄弟なのに私だけホールに登った。ソウルへ来てはとどまる所がとても狭小だった”と明らかにした。引き継いで “お父さん会社がすっかり滅びてソウルにいたお父さん後輩が ‘私がお手伝いするからソウルに上って来ます’として上って来た”とし “実際に上って来たがお父さん後輩さえ事業に失敗した。あの時教会執逹吏様の中にグリーンベルト地のある方がいてその所にあるビニールハウスで5年の間暮した”と告白した。あの時生活したビニールハウスところに到着したアン・ゼモは “今考えてみればそのように衝撃的ではなかったようだ。何を分からなかったようだ”とし “経済観念とかよく暮らしてくぎサルゴの差、そんなことをすべて分かることができないが恥ずかしいという心が大きかった”と言って切なさを催した。ご両親と連絡が切られた当時も思い浮かべた。アン・ゼモは “お父さんがした事業がまた不渡りになって債権者たちがいくらない財産まで差し押えした”とし “その後でお父さん、お母さんと5~6年位連絡がならなかった”と説明した。一方この日アン・ゼモはイ・サンフン、以上は兄と妹に会い、彼らを見るやいなや “顔が思い出す”と嬉しく抱擁した。イ・サンフンさんもアン・ゼモを見て “あなた(アン・ゼモ)も昔とまったく同じだ”と嬉しさを示して暖かさを催した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747560.htm, 2019/03/09 00:00:04]