‘キャプテン・マーベル’ 事故を起こすか?映画順位1位、’抗拒:柳寛順話’はその後ぐっと追い討ち

F9CkvuB_o

去る6日封切りしたハリウッド映画 ‘キャプテン・マーベル’が映画順位1位を占めた。先月27日封切りした韓国映画 ‘抗拒:柳寛順話’はその後をぐっと追っている。10日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば ‘キャプテン・マーベル’は去る9日基準ボックスオフィス1位を占めた。累積観客は218万5188人にのぼる。’キャプテン・マーベル’はマーブルシネマティックユニバースの初女性ヒーローソロムービーだ。彼は他ノースと対敵する新しいヒーローで封切りの前から関心を受けた。映画は ‘アベンジャーズ’の希望になる新しいヒーロー誕生を描いた。来る4月封切り予定である ‘アベンジャーズ:エンドゲーム’と緊密な連結の輪になる。’キャプテン・マーベル’に関心が集まりながらクッキー映像情報も話題だ。この映画は合計2個のクッキー映像を持っていることと伝わる。クッキー映像はエンディングクレジット前後短く追加された場面を意味する。2位を占めた ‘抗拒:柳寛順話’は1919年3.1 万歳運動後3坪もならないソウル西大門監獄8号室の中魂だけは誰より自由だった柳寛順と8号室女性たちの1年の話を取り上げた映画だ。累積観客は98万8784人だ。韓国映画 ‘サバハ’は ‘キャプテン・マーベル’ ‘抗拒:柳寛順話’に引き続き3位を占めた。先月20日封切りしたこの映画の累積観客は230万6782人に集計された。4位と5位は韓国映画 ‘証人’と ‘極限職業’が占めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747597.htm, 2019/03/10 07:00:02]