30年誤解と真実、そして音楽

3ATCtuB_o

歌手キム・ハックレ(61)は ‘7080 代表シンガーソングライター’だ。細心で物静かな性格、特有の穏やかなイメージおかげさまで ‘歌謡界ジェントルマン’と呼ばれる。1979年8月第3回MBC 大学歌謡祭でイム・チョルウと歌ったデュエット曲 ‘私が’で対象をつかんで一躍若者達の偶像に浮び上がった。余分の服務後83年歌手で正式デビューして呼んだ ‘悲しみの心づかい'(1集), ‘しなければならないと'(4集) ‘愛した'(6集) ‘愛と言う(のは)そうなの’ などを相次いでヒットさせ、5集 ‘空よ’はラジオで8週1位を守って ‘がTOP10’ ゴールデン上を受賞した。余勢を駆って勝った彼はひととき恋人の間だった同僚女芸能人の ‘未婚母スキャンダル’に巻き込まれて茨の道を集める。彼を眺める世人は仕方なく別れなければならなかった二人ばかりの痛みを理解するより黙る彼に ‘恋人を未婚母で作った’ ‘無責任だ’と言うなどの無茶な非難を吐き出した。あらゆるアックソムンが相次いだが彼は以後30年間すべてのものを宿命のように忍耐して暮した。自分の解明がともすれば相手にもう一つの傷つけるか気づかうからだ。しかし彼の名前は相手が放送で関連内容を言及をする時なら間違いなく繰り返し的に召還されたりした。似ている状況は最近にも、10年前にも起ったことがある。全盛期時代熱誠ファンだった筆者は毎度複雑になるしかない彼の心境と本音が聞きたかった。何回もインタビュー要請をしたが彼は “過去を戻したくない”と応じなかった。おおよそ31年ぶりに持つ彼の初コンサートを鼻の前に置いてからやっと向い合うことができた。二十九番目スペシャルインタビューは去る8日ソウル蘆原区上渓洞のあるカフェで3時間の間進行された。-まず近況が知りたい。31年ぶりに公式コンサートを開くと聞いた。歌手デビュー以後多くの紆余曲折があったから万感が交差するようだ。はい、当たります。明洞で公演したのが終わりだったです。当時にはコンサート空間が多くなくて人気歌手たちがホテル大宴会場で公演をよくしたんです。還暦が過ぎて30余年ぶりにまた舞台に立つと言うのが信じられないですね。’蝋燭宴’ 李在星と一緒にするデュエットコンサートです。私とは音楽的でも息が合う友達です。周辺で単独コンサートを勧める方々も多いが、初審に帰って一応一歩をはなすのが重要なことみたいです。キム・ハックレは来る16日平沢北部文芸会館大ホールで李在星と ‘思い出を召還する、再び共感思い出の7080 コンサート'(4時と7時二回)を持つ。彼には全盛期時代である88年ソウル明洞ロッテホテルクリスタルボールルーム公演以後おおよそ31年ぶりに帰って来る舞台だ。李在星はおない年なので普段多情多感した親友で勤めるがMBC 大学歌謡祭出身で計算すれば後輩だ。キム・ハックレが79年3回の時 ‘私が’で対象を、李在星は81年5回の時 ‘私の夢そして愛’で銀賞を受賞した。-80年代最高人気を享受した歌手だったがそのように長い間舞台と断絶されていたというのが驚くべきだ。最近にも放送にはたまに出演しなかったか。はい、そうです。放送にカムバックしたのは7年位になりました。2012年12月24日KBS2 クリスマス特集 ‘7080’に特別歌手に出演したのがきっかけになったんです。89年すべての活動を中断したからTVを通じて大衆の前にまた線件おおよそ23年ぶりです。舞台で直接歌をまた歌うのは公式的に初めてだからです。もう見当をつけていらっしゃるが ‘その事件’ 以後本当に大変な生の連続でした。海外でも8年を住んだが誰島強要しないあの自らの選択だったです。キム・ハックレは歌手の身分を去ってしばらく全然違った人生を生きた。家族と一緒に8年間ドイツに居住して韓国食堂を運営したりした。途中に何回国内放送出演要請を受けたりしたが皆あきらめた。彼は “当時には仮装(家長)として家族を処理して暮すために忙しかったりしたがとにかく静かに住みたいという心がもっと大きかったようだ”と言った。20余年ぶりに歌謡界復帰後大韓歌手協会取締役でも活動した。-ただいま言及した ‘その事件’はもうこれ以上隠すことではないじゃないか。大衆はもう分かっていて、その上に放送人イ・ソンミがこの間もう一度 ‘未婚母’ の話を言い出したりした。やたらに隠そうと思うのではないです。隠されることもではなくて。あるものを言ってもしきりに歪曲された話に流れる状況で敢えて言いたくないだけです。いつかはすべて打ち明ける機会があるが、今はそのまま私が引き受けて行くのが答だと思います。周辺では長い沈黙がむしろ毒になったと言う話もします。それでも相変らず私は ‘不要な論争’を作らないのが ‘その方’に対する思いやりで男らしく住むことだと信じます。イ・ソンミは先月16日TV朝鮮芸能 ‘二番目三十’に出演して “とても大きい事故を起こした私の一番目三十はとても痛かった”と言った。相手を言及しなかったにも ‘キム・ハックレ’ 名前は一日中検索語順位を掌握した。すべての視線が彼に集まったが彼はその間そうだったように沈黙を守った。10年前の2010年にも似ている状況が起った。当時ドイツ滞留の中だったキム・ハックレは自分のブログに “誤解があまりにも多くてどの位の真実糾明が必要さを感じるようになった。付き合いをしたがこれ以上当たらなくて別れ、3ヶ月後姙娠事実が分かった。お互いに慎重な悩みの末に ‘子供を生まない’と言う平和ローン合意をした。以後相手が出産をして今の妻とはその後会った”と明らかにしたことがある。-敢えて音楽活動を中断する理由はあったか。麻薬事件みたいな社会的物議をかもしたのでもアニザンナ。当時状況は言葉で説明しにくい位非常に複雑で大変だったです。二つとも顔がよく知られた身分だから常に注視対象になったんです。一方が大衆の前に現われないとだんだん無くなると信じ、そうであれば私が譲歩しなければならないと思いました。キム・ハックレの歌手活動は1988年 ‘愛してはいけないが’を終りに皆中断された。彼が大学歌謡祭を通じて歌を歌ってから9年ぶりだ。70~80年代アマチュア歌手たちの登竜門だったMBC 大学歌謡祭は彼を含んでベ・チョルス、シム・スボン、ずサヨン、ウ・スンシル、チョ・ガブギョン、愉悦、李在星、チャン・チョルウン、シン・ヘチョル、キム・キョンホ、展覧会(キム・ドンリュル) など幾多のスター歌手を排出した。-30年と言う(のは)長い時間が経った。この部分に対して反駁は勿論、解明や説明さえしない理由があるか?この話はただ一言も言及しないようにしたがしきりに聞いたら本当に困り果てますね。川記者様ならどうなさいますか?私は30年目この ‘緋文字’ 中にガッヒョ暮していて、どう思えば私を含んで周辺人皆が被害者です。説明するからといって真実が変わらないです。変わらないのにしきりに取り上げてみたところでその方や私や、そして家族たちまで傷を受けるしかないでしょう。誰も住みながら一二回の致命的エラーや間違いができます。ただそうするほど真摯な人生を生きると取り返しすることができると信じます。キム・ハックレはインタビューお坊さんこの部分に対してむしろ筆者を説得して何回も了解を求めた。彼はずっと不要な論難を拡散させるよりはむしろ口をつぐんだほうがましだと言った。筆者が ‘それでも疑惑があったら解いて払い落とさなければならないじゃないか’と言う言葉に “還暦を干すことは私だ、イメージ管理をするのでもないのに何が恐ろしいか”と “時になれば自然に話す機会があること”と言った。まだすべてのものをすべて明らかにすることができない彼ばかりの苦情があるように見えた。-それでは雰囲気をちょっと変えて質問する。うかうか大学歌謡祭に出るようになったと入ったが何の話か?中高校時代から故キム・チョンホ先輩(85年死亡)の歌をゾッアハックギンしても歌手になろうとする考えはなかったです。明智大学クラスメートイム・チョルウが期末テスト期間の中なのに急に歌謡祭話を言い出しました。初めには話にならないと思って断ったがチォルウがもう一二度もの脱落した経験があると言うんですよ。そのため ‘まともにできたキャンパス思い出一度作ろう’は考えに勇気を出して支援し、急に大賞を受けるようになったのです。MBC 大学歌謡祭対象曲 ‘私が’はガングビョンがヨゼにも同時に受け付けた。ところであいにくにも2ケ所で全部決選に進出することが起った。キム・ハックレは “元々は自信がいなくて二ヶ所をすべて入れるようになったが両方皆決選に上がってみたら歌謡祭関係者たちがむしろ困り果てるようになった”と言った。彼は “われらはどっちを選択しても構わないハッピーした状況だったがチォルウが ‘既往このようになったから生まれて初めてTVにでも一度登場する方が良いろう’と言って大学歌謡祭で結論を出した”と言った。-個人的には学生時代から好きだったファンだ。大学歌謡祭大賞受賞直後歌手活動をしないですぐ入隊を選択した理由があるか?前に申し上げたように大賞を受けたことだけで光栄だっただけ必ず歌手になるつもりはなかったです。そのまま小遣いを与えると言って記念アルバム下でも出すことで満足し、令状が出て自然に入隊をしたんです。あの時までも歌手するつもりはしなかったが軍服務の中で私の歌がずっとラジオを通じて出たら、部隊の中ではもう人気歌手でもてなしをしました。お休みの時の内務班で片手間に使った ‘悲しみの心づかい’を仮尿管継子たちに聞かせたらアルバムを出そうという提案が零れ落ちるんですよ。心を固めたんです。キム・ハックレは全域後自作曲 ‘悲しみの心づかい’をタイトルで正規1集を出して正式デビューする。彼の色をそっくりそのまま見せてくれたこの歌は出るやいなや大きい反響を起こした。同じアルバムに盛った ‘冬の海’も尻馬に乗ってヒットした。R&B リズムの ‘夢から夜明けまで'(2集)も穏かな反応を出す。彼は “歌がちょっと難しくはあったが初めてミュージックビデオを紹介したという意味がある”と説明した。以後 ‘鳥篭の中に愛は嫌いで’が論難の中に禁止曲になる痛みを経験したりするが ‘しなくなければならないべき'(4集)が空前のヒットを記録して国民的歌手に浮び上がる。-仮要企画社でマネージャーでも活動したことがないか。歌謡界ではキム・キョンホをスターロッカーで掘り出したという話もある。歌手活動中断後ファッション事業に跳びこんでから滅び、あらゆることがすべて狂いながら大変になりました。下積みまで降りてから何でもしなければならないという来るのが発動になりました。仮要企画社(イエダンエンターテインメント)で企画引っ越しを務めたが後には放送社を走り回ってマネージャー役目までするようになりました。放送社を尋ねてPDを直接説得したりしたんです。当時には歌謡界がダンス歌手中心だったし、ロックは国内トレンドに迎えないと目をくれない時でした。’一度だけ信じて使ってみなさい、もし反応がなければ二度と頼まない’と言ったら機会を与えるんですよ。無謀な部分もあったがどうやってでも終りを見なければならないと思ったんです。キム・キョンホは当時まで他の企画社所属だったが才能を調べた彼が債券弁済名目で当時社長だったビョン・デユンさん(作故)を説得して連れて来た。キム・ハックレは “フレディマーキュリーみたいな立体感ある歌手になってくれることを信じた”と言った。彼のたゆみない努力おかげさまでキム・キョンホは放送に出演することができ、客席を覆しておくほどものすごい反響を起こした。一度機会をつかんだキム・キョンホは国内初シャウティング歌手に成功した主人公になった。-最後にドイツで韓国食堂をしながら過ごした8年の外国生活が知りたい。もし国内視線を避けようとする逃避先や?ドピラニです、私が歌手で活動をしなくてそんな誤解をすることもできるがそんな理由はなかったです。初めには妻と子供が留学を行って雁生活をしたがひとりでは到底暮す事ができなかったんですよ。それで6ヶ月ぶりに呼び入れたんです。ところで今度は妻と子供が強力に帰るのを希望して結局一家が一緒に去ることにしたことです。その所で何かはしなければならなかったし、レストランを一度運営した経験を生かして韓国食堂を調えたのです。肉体的に苦労はしたが仮装(家長)としてやりがいを感じた良い経験だったです。キム・ハックレは家族と一緒に2003年末ドイツに渡って暮す2011年帰国した。現地で運営した韓国食堂はサムスン、現代、SK, LG など国内企業のドイツ駐在員とその家族たちが主な顧客だった。採算はそれなりに良かったがすべての韓国食べ物をすべて万たち語内野するのが問題だった。基本メニュー外に顧客たちが ‘何が食べたいのにちょっとしてくれることができないか’はお願いをすれば認定上避けることができなかったと言う。彼は直接キッチン仕事をしながら韓食は勿論 ‘韓国人口に合う’ 中食和食様式などおおよそ200余種類メニューを料理し出さなければならなかった。この時の苦労は彼の人生後半生に大事な資産になった。シンガーソングライターキム・ハックレは音楽的才能を生れついた。好奇心と趣味のように作った曲 ‘私が’は大学歌謡祭対象を受賞し、以後10余曲に至る自分の主要ヒット曲も皆直接使った。歌が好きだったがそうだと ‘一つではなければ全部’を固執しない性向だ。歌手活動を折った後にはすべてのプライドを下ろした。生計のためには何の事でも厭わなかった。仮要企画社マネージャー役目を自任したこともある。これは普段 ‘やよりは相手’ の方立場(入場)で眺めるスタイルが身についた性格上の理由もある。おかげさまで彼は誰も強要したことがないが自ら長年の期間歌手活動を折って傷ついた心を取り纏めることができた。筆者とインタビューを終えたキム・ハックレは “ちょうど夕方の時間なのに食事や一緒に欠点”と手を導いた。カフェ近所日本料理屋主人キム・ヨンギさん(和食板前)はよりによって彼の熱誠ファンだった。キムさんは “いくら忙しくてもコンサートに必ず行く”と約束した。キム・ハックレは死因と写真撮影をしてくれた後 “偶然に会うこんな方々が私を舞台にまた立てる原動力”と言った。相変らず有名歌手で大衆に刻印されているが空白期間暮して来た彼の履歴は熾烈だった。キム・ハックレは “生理上ビジネス体質には当たらない”と言いながらも “どんな状況でも近づけばやりこなさなければならない”と言った。音楽人でも、平凡な生活人でも彼は率直で人間味があふれた。こんな真摯な姿で筆者は彼がなぜ ‘その事件’ 以後30年目口を閉めて暮したのかぼんやり分かることができるようだった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747587.htm, 2019/03/10 00:00:03]