‘ふりをすれば尺’…隅石Xグァンリン、われらはちょっと “‘ビョルジッ’をつくして”(映像)

SKQXDuB_o

似ているように違う、違うように似ている二人の男隅石とライグァンリンが最高の相性を威張りながら団結した。11日午後4時ソウル広津区イエス24 ライブホール隅石Xグァンリンの一番目ミニアルバム ‘9801’ 発売記念ショーケースが開かれた。’9801’は隅石Xグァンリンメンバー隅石とライグァンリンが生まれた年度の ‘1998’と ‘2001’を合して作ったアルバム名だ。この日ショーケースはチョン・スンジュアナウンサーの社会でオープニングVCR, フォトタイム、タイトル曲 ‘ビョルジッ’ 舞台最初公開、トークタイム、質疑応答、タイトル曲 ‘ビョルジッ’ ミュージックビデオ上映順序に進行された。隅石とグァンリンは隅石Xグァンリンプロジェクトが進行される前から積んで来た親しみを誇って目だけ見ても通じるお互いの ‘セーミ’を誇った。まず彼らは隅石Xグァンリンプロジェクトの企画きっかけを説明した。隅石は “前から周辺で私とライグァンリンが似ていたとたくさん話してくれた”とし “それでは私たち二人が一緒にユニットを出せばおもしろいと思い、この話を会社に申し上げたが感謝するにもチーム結成が成功した”と明らかにした。ライグァンリンはデビューの前からうわさが立った ‘隅石願うこと’と。普段にも “隅石に似ていたい” “隅石を模範としたい” “隅石を尊敬する” などのものを言って彼に従ったと言う。この日ライグァンリンはこんなに隅石によく従う理由で “隅石が兄さんは親しい弟(妹)が私でなく多くないことで分かるが、それにもかかわらず毎日私に連絡して ‘食事したの’ ‘何をして過ごすのか’と聞くなどよく取りそらえてくれる”とし “そんな点で隅石兄さん(型)が義理あると思って感動してありがたく思う”と言った。隅石も “ライグァンリンはいつも明るくて一様な姿を持っている”とし “私が満たすことができなかった部分をライグァンリンが持っているから、今度アルバム作業でライグァンリンから学んだ点も多い”と彼を誉めた。隅石は隅石Xグァンリンの出会いが “神さまの啓示みたいだった”と表現した。先に、ライグァンリンは “この間アルバム作業をするために会社に訪問したことある”とし “あの時私たち二人がお互いにどんな連絡もしなかったが、その日着て来た服が同じだった”と回想した。ここに隅石も “本当に不思議だった。その日着て来たシャツ、スニーカーのブランドさえ同じだった”とし “あの時 ‘あ、これがうちの二人がしたいの全部しろという神さまの啓示だね’と思った”と言った。この日隅石Xグァンリンの新曲 ‘ビョルジッ’ 舞台も初めて公開された。タイトル曲 ‘ビョルジッ’は ‘スター’という意味と ‘生まれてビョルジッをすべてやってみる’と言う二つの意味を込めているヒップホップR&Bトラックだ。早い年に多い人々が易しく経験してみることができないことを経験しながら手に余る時もあるが結局星のように輝くようになる私自分が誇らしいという二人の自転的話を愉快に盛り出した。特に ‘星’という単語を ‘変なこともして’ ‘見ちゃいられないの’ ‘別味なの’と一緒に気ばたらきありげに活用して二人の人の魅力がいっそうもっと輝かしい。’ビョルジッ’を説明しながらもふたつのチームワークは輝いた。ライグァンリンが “‘ビョルジッ’ 中 ‘われらはわれらは私たちは’という部分が一番良い”と説明すると、隅石も待ったというように “私もただいまそのものを言おうと思ったが!”と言いながら感嘆した。隅石は ‘われらはわれらは私たちは’を感想ポイントで指折った理由で “‘われらは’という部分は私の名前隅石の ‘右’とライグァンリン名前の ‘リーン’を合して作った単語 ‘われらは’を意味したりする”とし “元々チーム名を隅石Xグァンリンではなく ‘われらは’にしようと思った位にうちの二人が好きな部分だ”と説明するだ。隅石Xグァンリンが “うちの二人だけ表現することができる音楽的色を見せてくれたかった”は望むことで作業した ‘ビョルジッ’を含んだ ‘9801’は11日午後6時国内各種音源サイトに公開された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747717.htm, 2019/03/11 18:29:07]