‘キャプテン・マーベル’, よく作られた女性ヒーロー物だと?

W1XGAuB_o

封切りの前から言葉も多くてたたりも多かった。主演俳優ブリラスンが映画 ‘キャプテン・マーベル’を ‘フェミニスト映画’と映画を紹介しながら多くの人々の反感を買いながらだ。しかしこのような論難と楽しさ可否を別にして ‘キャプテン・マーベル’は ‘アベンジャーズ4’のためなら必ず通さなければならない必須コースとも同じ作品だ。だから観客の関心はいつよりも熱い。’キャプテン・マーベル’はパイロット出身で祈った飛行能力と宇宙の偉い戦死クリの一員として得た力強い力、そして人間的な面貌まで加わったキャロルデンボス(ブリラスン)の話を盛り込んでいる。マーブル ‘ビックピックチォ’の主要段階である ‘キャプテン・マーベル’は一般的なヒーロームービーと差別化を置いた。平凡な人物が力をオッオがは方式が一般的なら、’キャプテン・マーベル’は自信が持った力の起源を尋ねて能力をダドムオがは話だ。しかし最大の差別化と言えば女性ヒーローを全面に立てたという点だ。映画では “女は操縦席に似合わなく” “お前は感情的だ” “感情に振り回されて判断を失ってはいけなく” “ママとして娘に良いお手本にならなくてはならない” などのせりふで女性のか弱さを強調する。またデンボスが倒れた起きる姿を繰り返し的に見せてくれながら差別で苦しがる女性たちの苦情をあらわす。しかしこのせりふと場面がちょっと作為的だから映画展開において滑っこい感じを与えることができない。代わりにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース:マーブルコミックスの仮想世界観)はキャロルデンボスにセクシーな戦闘スーツ代わりにキャプテンアメリカを連想するようにする戦闘スーツを加えた。その間見えた女性ヒーロー物の典型から脱した。ヨソングスロウンより強靭さを立てたという点が最大の差異だ。特にキャロルデンボスが弾道ミサイルを素手で受け止めて、多数を相手で天下無敵の力を威張る姿を見せてくれる場面は女性という物理的な弱点を飛び越えて一人間として主体的存在というのを見せてくれる。しかしアクション場面でヒーローばかりの特有のす早さがなくて見る楽しさが落ちる。ストーリー展開速度もちょっと張られて全般的に退屈な感じを与える。代わりに音楽と背景などは聞いて見物だ。広闊な砂漠と空、巨大な宇宙、90年代アメリカの姿などを行き交って派手な見どころをプレゼントする。しかし先立って広報で強調したマーブルスタジオ最初の90年代姿はあまりあんまり現われなくて惜しい。サムエルL。ジャクソン、’やっぱりはやっぱり’だ。彼がいなかったら ‘キャプテン・マーベル’で笑いポイントを探しにくかったことと見える。猫グスと特別な ‘セーミ’を誇りながら笑いをプレゼントする彼は映画の中心をくそ力あるように取って行く。特にピュリの若い時代が観客に嬉しさをプレゼントする。初めて長い髪と二目を開いている姿、一方目を失うようになった事情まで公開される。その間 ‘アベンジャーズ’ではげ頭に黒い眼帯が冷たい姿を見せてくれただけ ‘キャプテン・マーベル’で彼の姿は新鮮そのものであるようだ。映画には反転もあって、マーブルヒーローシリーズに登場するキャラクターの姿が盛られていて楽しさを与える。’アベンジャーズ:エンドゲーム’を向ける最後の段階であるだけに多い観客の関心を受けるようだ。クッキー映像は2個だ。’キャプテン・マーベル’は去る6日韓国で全世界最初に封切りした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747603.htm, 2019/03/11 05:00:03]