ママム・パク・ボム・ヘイズ、’音源戦争’の序開き

iGDkDuB_o

言葉とおり ‘音源戦争’の序開きだ。魅力的なボイスで音源を売り出す度に良い成績をおさめた歌手が幾列にもカムバックを宣言して出た。’花蛇特殊’をたっぷり享受している実力派ガール・グループママムを始まりに嬉しい顔パク・ボム、ミュージシャンのフィーチャリング渉外1順位ヘイズがその主人公だ。一番先にカムバック舞台に上がるこれはグループトゥエニィワンでメインボーカルを引き受けたパク・ボムだ。来る13日新しいソロシングル ‘Spring’を売り出して歌謡界に復帰するパク・ボムは一人立ち後初めてその間準備した結果物をファンに公開する予定だ。グループで活動した当時にも国内で見つけにくいボイスで愛された彼はソロアルバムを発売、’ドント・クライ’ ‘油アンド子供’で特別な音源パワーを見せてくれたことがある。新しい所に巣を作って本格的なソロ活動を始めたパク・ボムが以前と同じなパワフルな音色と舞台掌握力にもう一度 ‘全盛期’を享受することができるか疑惑が傾く。パク・ボムに引き続きすぐ翌日カムバックする人々はガール・グループママムだ。ママムは来る14日午後6時、九番目ミニアルバム ‘ホワイトウインド’を発表して放送活動に出る。ママ無義今度タイトル曲 ‘ゴゴベベ’は盛りだくさんのメロディーが耳にくるくる回わる強い中毒性を持った歌でママム特有の楽しみがわいて愉快なエネルギーがいっぱい盛られた曲だ。歌手キム・ゴンモの ‘チァングが’に登場する ‘ジジベベ’をモチーブにしてオマージュしたと知られて知りたい事を高める。去る2014年デジタルシングルアルバム ‘幸せするな’でデビューしたママム。先立って ‘デカルコマニー’ ‘あなたや日’ ‘星が輝く夜’ ‘私に言うようならば’ など多様なヒット曲で愛されて来た。そこに最近花蛇のソロアルバム ‘うっかり者’まで熱い話題を集めたことがある。パフォーマンスとがっちりしている歌唱力、そこにメンバー各自の個性まで兼備したガール・グループで愛されているママ無価今度アルバムでも良い成績をおさめることができるかファンの期待が高くなっている。音源チャートで特別な影響力を見せるヘイズも3月カムバックを宣言して出た。ヘイズは来る19日午後6時初正規アルバム ‘スィズえぐられた’を売り出す。エムネット ‘オンプリティラップスタ’で顔を知らせたヘイズはか細い音色と纎細な感性で愛されて多数ミュージシャンのフィーチャリング歌手でも活発な活動を続いて来た。以後 ‘君をあまり分からなくて’ ‘非道来てで’ など直接プロデューシングした曲で特別な音源パワーを見せながらこれと言う放送活動なしも愛されるミュージシャンで位置づけた。音源チャートで誰より強気を見せるママム、パク・ボム、ヘイズが似ている時期出師表を投げた。終わりに笑う ‘女王’は誰だろうか、チャート頂上に至ることをあげる主人公は誰だろうか時間をかけて見ることだ。とにかく、もう戦争は始まった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747659.htm, 2019/03/11 15:54:53]