‘王になった男’ センター前、国民 ‘ツェエケ’ 登極

MvYGAuB_o

“終映所感です?少々お待ちください、私が記者様名刺をまだ受けないからです。”午前から取材日程がある日なら、早い朝から ‘地獄鉄’をくぐって到着したインタビュー現場で疲れ感とともにインタビューを始めるしかない。さらに “特に丘にある”(イ・セヨン名刺インサッマル中) 所属社事務室まで尋ねたその日は、息苦しい息を吐き出して席に着席してノート・パソコンを開くやいなやもうインタビューを一つを終わらせたことマンガッは疲れが群がって来た。しかしこの疲れ感をすっきり洗わせてくれる ‘人間ビタミン’ 俳優イ・セヨンは違った。いつもそうだったように終映所感から聞く質問が投げられて暗黙的にインタビューが始まったということを感じた時、イ・セヨンの取った行動はその間そのほか俳優たちが見えた行動とは少し違ったからだ。去る7日ソウル市江南区プレ人グローバル社屋で開かれたドラマ ‘王になった男’ 終映記念ラウンドインタビュー。この日イ・セヨンはインタビューを始める前に “先に記者様お名前が分かるんでしょうか?”と聞いてからは、記者たちから受けた名刺を皆テーブルの上に一列で列べて名前をドエジブオッダ。引き継いで “私も私の名刺を準備しました”と言いながら記者たちのために準備した素朴なプレゼントを取り出してはにかむように渡した。イ・セヨンから受けたことは簡単なおやつと彼が直接作った名刺だった。’プレであるTPC オフィスライフスタイルチーム課長&所属俳優イ・セヨン’という文具が書かれた前。そして裏には “特に丘にいる当事務室まで歩みしてくださってありがとうございます。なにとも楽しい時間で憶えてくださるように願います。’王になった男’ ユソウン、イ・セヨンドリーム”という彼のインサッマルが書かれていた。素朴だが取材陣のために直接準備した努力が感じられて記者たちが顔にそっとほほ笑みを浮かべると、やっとイ・セヨンは ‘王になった男’ 終映所感を明らかにした。”ほとんど半年位撮影しながら小運で暮して来たから、その間して来た他の作品よりもっと空虚さが大きいです”と言いながら “まだ終わったと言うのが実感の出ないがその間視聴者方々路から多い愛を受けて幸せに演技することができて良かったです”と言ったイ・セヨン。彼は “そしてソウンイは底意 ‘ツェエケ'(一番好きなキャラクター)がなったです”と付け加えた。’王になった男’はひんぱんな変乱と王位を取り囲んだ権力争いに混乱が極まった朝鮮中期、賃金イホン(ヨ・ジングの方)が自分の命を狙う者等から脱するために双子よりもっと似ている芸人下船(ヨ・ジングの方)を宮に入れながら開かれる話を描いたドラマ。映画 ‘鉱害’を原作にしてヨ・ジングの1人2駅延期が特徴だ。劇の中でイ・セヨンは中宮殿の主人と同時に内命婦の首長、そしてイホンの否認である類火運で悔しかった。イ・セヨンは類火運という人物が一番好きな理由に関して “朝鮮時代女性にもかかわらず受動的ではなくて率直で隠しない姿が良かったです”と言いながら “まるで通常のロマンス物の男主人公のように相手に果てしない信頼と応援を送りながら支持する姿が ‘直進’するようでかっこいかったです”だとその表現した。先立ってイ・セヨンはtvN 芸能番組 ‘週末使用説明で’に出演当時相手俳優ヨ・ジングの写真を携帯電話背景画面で設定したという事実を明らかにして話題を集めたりした。ここにイ・セヨンは笑って “誤って伝えた部分があっています”と言いながら “私はすべての作品をする度に感情線を取るために相手俳優写真を携帯電話背景画面にしておいてください”と解き明かした。引き継いで “当時その放送後珍句さんに ‘本当に二人が付き合うのか’と聞く人が多かったと言います。珍句さんが狼狽して困った法も一所に私に表現しないでむしろ楽に対してくれてありがとうございました”と説明した。イ・セヨンの現在背景画面は ‘王になった男’ の中ユソウンで悔しい自分の姿が写した写真だと。イ・セヨンは “私は自分哀歌とても強いタイプでもあってこれからは背景画面をまた私の写真に変えました”と言いながら “もうハソンイは私に夫になってしまって、それでこれ以上感情移入をするためにそれほど努力する理由が消えました”と笑いながら説明した。’王になった男’ エンディング場面を取り囲んだいろいろの推測に関しても直接解き明かした。イ・セヨンは “ぎゅっと閉まった完璧なハッピーエンドです。ところでその場面撮影当時粒子状物質があまりにも多くて画面がぼやけているように演出いいです”と言いながら “清凉な空だったら良かったでしょうに惜しいです。その場面が ‘黄泉路で行くのがではないか’は誤解をバッウルズルは分からなかったんです?”と言って手を振り回した。”韓服を着る瞬間 ‘私がセンター前小運になったな’という感じを受けて没入することができました”と説明したイ・セヨンは以前作品 ‘大王の夢'(2013)以後 ‘王になった男’で約7年ぶりにまた史劇に挑戦した。彼は “史劇をするのに難しい点は特別になかったです。不慣れな史劇用語もそんなに難しく近付かなかったです”と言いながら “しかし ‘史劇トン’で言うのが少し難しかったです”と撮影当時を再演した。イ・セヨンは “現代劇では ‘これが何か?’と聞けば良いのに、史劇でセンター前は体統を守って ‘これが、何なのか。..?’と聞くなど控え目にせりふを言う部分が多くて初めに適応しにくかったです”と告白した。”これからインタビューを仕上げなければならない時間だ”は関係者に言葉に急に全力を尽くしたイ・セヨンは “まだ重要な話をしなかったです”と言いながら惜しがった。最後にイ・セヨンは ‘一番重要な話’である作品に関する話でインタビューを終えた。”‘王になった男’ 撮影が終わって自責をたくさんしました。私が本当に不足なことが多い人みたいだったんですよ。しかしそうする度に私の不足さを満たしてくださったキム・ヒオンPD様とヨ・ジングさん、そして一緒に出演した先輩たちと仲間梨牛糞たちが心強く堪えていらっしゃってくださって感謝しました。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747602.htm, 2019/03/11 05:00:02]