‘勝利論難’ パク・ハンビョル側 “ドラマと関係 無…責任終えること”

AhyXIuB_o

ビッグバンの勝利がクラブボニングソンと係わった性売買斡旋、麻薬流通など各種疑いで警察の調査を受けている中にボニングソンの代表に知られた硝子ホールディングスの代表も尻馬に乗って注目されて彼の妻パク・ハンビョルの歩みにも人々の耳目が傾いている。ドラマ ‘悲しい時愛する’で2年ぶりにブラウン管に復帰したパク・ハンビョルだが、急な論難で彼の活動にも赤い火がともったこと。これと関してパク・ハンビョル所属社フライ業エンターテイメントは12日午後に “現在出演中のドラマは仕上げる予定だ”とし “今後の次回作やスケジュールに対しては論議したことがないが、もう予定された作品は皆消化すること”と明らかにした。パク・ハンビョルが現在出演中のMBC ドラマ ‘悲しい時愛する’と言う40部作週末ドラマで現在12回まで放映された状態だ。一方ビッグバン勝利は先月27日午後9時ソウル地方警察庁に自ら出席してクラブボニングソンで開かれたボニングソン職員の一般人暴行、麻薬流通、警察癒着、アリーナ性接待疑惑などで警察の調査を受けたことがある。当時彼はすべての疑いを否認して “まじめに調査に取りかける”と明らかにしたことがあるが、去る10日ピネサザで被疑者に立件されて捜査が進捗されると突然芸能界を引退した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747792.htm, 2019/03/12 14:55:42]