寝る、大きかった。’やはりヨ・ジング’

DWzxGuB_o

“謙遜で礼儀正しい。”俳優ヨ・ジングラウンドインタビューがつかまると先輩記者たちが口をそろえて言ってしてくれた言葉だった。あれほど記者たちの間でも淑やかなのにうわさが立った俳優ヨ・ジング。’果してそうであろうか?’という疑問半分、’はやく会ってみたい’と言う期待半分で去る8日午後3時tvN ドラマ ‘王になった男’ 終映記念ヨ・ジングラウンドインタビューに参加した。記者たちが儀礼的に渡す “よろしくお願いいたします”という言葉と一緒に始まったインタビューでヨ・ジングは “ああ、私がもっとよろしくお願いいたします”と言う言葉とともに膝の上においた両手をしっかり取って口を割った。この日進行された弱い時間のインタビューの間ヨ・ジングは必ず取り合った両手をおかなかった。’謙遜で礼儀正しい’と言う先輩記者たちの言葉を今一度悟るようになる面貌だった。同じ言葉を何回繰り返したり多い記者を相対しなければならないのでくたびれるようなのに、ヨ・ジングは終始一貫記者たちの質問に聞き入って慎重な返事をするために労力する姿を見せた。”聞いた大道になるように礼儀が正しいですね”という声を掛けると、ヨ・ジングは “やれやれ。いいえ”と言って手を振り回した。’王になった男’はひんぱんな変乱と王位を取り囲んだ権力争いに混乱が極まった朝鮮中期、賃金イホンが自分の命を狙う者等から脱するために双子よりもっと似ている芸人下船を宮に入れながら開かれる話を描いたドラマ。劇の中でヨ・ジングはイホンと下船二つのキャラクターで悔しくて1人2役演技を広げた。ヨ・ジングは “初めには1人2駅延期をどうすれば良いのか悩みが多かったが監督様が私にイホンと下船というキャラクターを任せてくださって尊重してくださって感謝しました”と言いながら “監督様が私の演技の不足な点もよく表現しなければならない部分をよく取ってコントロルルをならないでください。私も初盤放送を見ながらこれからどうに1人2駅延期をして行かなければならないか行くことを取りながら学んだから新しくて面白い経験だったです”と言った。イホンの死場面を回想したりした。ヨ・ジングは “悪役だったがイホンが殺害される場面はなんだか分からなく切なくて惜しかったりしました。正義のあることができずに悪い面貌をたくさん見せてくれた人物でもあるが、私には忘れることができない役目でもあったんですよ”と言いながら “最後の死を当たる姿がかっこいくて幸いです。最後までかっこいいキャラクターで残ることができたでしょう。しかしイホンが死んで出る、親しい友人になった人を失ったような感じもしました”と惜しさを示した。イホンと下船を言及したら彼らの間で重要な役目をしたセンター前類火運を漏らすことができない。類火運は中宮殿の主人と同時にイホンの否認で、誰が先に言わなくてもイホンと下船の変化を先に見抜いた人物。類火運で悔しかったイ・セヨンは先立って ‘王になった男’ インタビューでヨ・ジングと呼吸を言及して “これから十作品はもっとやってみたい俳優”という絶賛を送ったことがある。ここにヨ・ジングは豪宕に笑って “とても過讃です。それ位に良くよく包装してくださることは知らなかったです”と言いながらスックスロウォする姿を見せた。しかし当時イ・セヨンは “撮影場でヨ・ジングさんはいつも心強いしんばり棒みたいで頼りになった俳優”と本気のこもる褒め言葉を伝えた。ヨ・ジングもイ・セヨンと一緒にした撮影当時を思い浮かべて “親しくなるために先に近付いてくださってお姉さんにもかかわらず楽に対してくださって感謝しました”と答えた。普通ラウンドインタビューは初日とアブシガンデが一番多く選好されるため、この日インタビューには多い記者たちが参加しなかった。だからインタビューを始めてから2~30分が経つとインタビュー質問が枯渇するしかないことは当たり前のことだった。比較的長年の沈黙がつながると、ヨ・ジングはひょろ長がって “私が口下手だからです”と言って頭を掻いた。インタビューを導いて行くのは記者の分け前でもあったから “いいえ。言葉を本当に上手でしたよ?”と言って移ろうと思ったが相変らず静かな雰囲気がつながった。どんな質問でもしてこの時間を満たさなければならないようだったから、当時頭の中で一番先に浮び上がる質問である “芸能に出演したい。..考えは。..ないですか?”と聞いた。’もう何回同じ質問をこのようなそらぞらしい質問を聞いたから、ジギョウォしないか’という考えで控え目に聞くと、ヨ・ジングは “だね?ところで答える前に一応、どうしてそのようにその簡単な質問を難しく質問してください、記者様”と親しく言って “どんな質問でも楽に尋ねて見てくれてもなってください”と答えた。引き続き彼は “うーん、芸能出演計画はまだないです。芸能が本当に難しかったんですよ。作品広報車出演することは良いが単独に出演するまではもっと芸能を勉強しなければならないじゃないか思います”と付け加えた。次回作が ‘ホン姉妹’作家の復帰作 ‘ホテルデルルや’に確定された状態。4月末に撮影を始めると。ヨ・ジングは “最大限多い延期経験をしたいです。仕事欲心が多いんですよ。それで23年 ‘母胎ソロ’だがまだ恋愛考えがないです。いくら劇の中で人物だが、実際に作品をしながらどきどきすることを感じて愛を経験するから実際に恋愛をしたいという考えはしないです。’信じてみる俳優’ ヨ・ジングになるために努力します”と言う言葉で仕上げた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747702.htm, 2019/03/12 05:00:03]