‘慣れるように、新しい’…’スペイン下宿’, ナ・ヨンソクPDの熟れた自信感(総合)

7OrqJuB_o

ナ・ヨンソクPDが帰って来た。どこかで本のように不慣れではないフォーマットだが、核心的なコンセプトは確かに差別化されたプログラム ‘スペイン下宿’で言葉だ。12日午後2時ソウル上岩洞スタンフォードホテルではtvN 新しい芸能番組 ‘スペイン下宿’ 製作発表会が開かれた。この日製作発表会にはナ・ヨンソクPDとチャン・ウンジョンPD, キム・デジュ作家が参加してプログラムに関して話を交わした。’スペイン下宿’は他地で会った韓国人に大事な思い出とプレゼントになる一日をプレゼントする内容を記した芸能プログラム。800kmに至るサンティアゴスンリェギルを集める旅行客を対象に美味しそう乱韓食と暖かいとんぼがある下宿を提供する。先立って ‘三度の食事’ シリーズで立派な料理実力をあらわしたチャ・スンウォンと普段旅行を楽しむユ・ヘジンは勿論、いつもエネルギーにあふれるペ・ジョンナムが出演する。ナ・ヨンソクPDはプログラム企画意図に関して “元々はチャ・スンウォン、ユ・ヘジンと ‘三度の食事’を企てようと思った”とし “ところでプログラムに関して相談してから、’三度の食事’はいつもできるから今度は少し特別な話をしてみるのがどうかなする気がして ‘三度の食事’を外国でしてみようという制抱くするようになった”と明らかにした。チャ・スンウォンとユ・ヘジンに引き続きペ・ジョンナムをキャスティング一理由も明らかにした。ナ・ヨンソクPDは “以前シーズンに出演したソン・ホジュンはもうtvN ‘コピプレンズ’に出演したから相次いで出演させたくはなかった”とし “チャ・スンウォン、ユ・ヘジン皆と親しみがいる共通的人物を尋ねている途中ペ・ジョンナムが知るようになった。彼はチャ・スンウォンとはモデル先後輩の間でユ・ヘジンとも個人的親しみがあった”と言った。このように新しく合流したペ・ジョンナムを除き、先立って ‘三度の食事-漁村の方’ シーズン1と2に出演したチャ・スンウォン、ユ・ヘジンというラインナップをそのままユ・ジハン ‘スペイン下宿’.さらに客地で会った旅行客に韓国の食べ物をもてなすというコンセプトも以前ナ・ヨンソクPDが演出した ‘ユン食堂’と変わった点がなくて視聴者たちに古臭く近付くことができるということがプログラムを向けた憂慮だ。ここにナ・ヨンソクPDは “私たちも撮影を始める前にそんな心配を抱いて去ってこの心配は現実になった”と言いながら笑った。引き継いで “とても違わない。実はチャ・スンウォンとユ・ヘジンが宇宙ステーションへ行ったところで特に違わないようだ”とし “私たちが ‘スペイン下宿’で視聴者たちに見せてあげたいことは、チャ・スンウォンとユ・ヘジンが ‘セーミ’と ‘チームワーク’だ。二人が普段と違う環境でお互いにどうに共助して一緒に生きて行くかどうかを見せてくれたかった”と明らかにした。チャン・ウンジョンPDは他のプログラムと差別性も提示した。彼は “人々が一番難しい時探すようになることの中で一つが ‘食べ物’だ”とし “その食べ物で人々が力を出して一歩進む姿を盛った”と説明した。引き継いで “‘スペイン下宿’が撮影したアルベルギェ(宿泊施設)はサンティアゴスンリェギルの中で一番険しいコースの直前に位置している”とし “チャ・スンウォン、ユ・ヘジンが作った食べ物をもてなすことでこちらにとどまった人々に力を入れる過程、そしてこの一般人と出演陣の関係が観戦ポイントであると思っただ”と言った。’スペイン下宿’はナ・ヨンソクPDが以前に演出したプログラム ‘ユン食堂’ ‘新西遊記’と違って一般人の敍事が露出しないという点も注目するに値する。ナ・ヨンソクPDは “撮影をしながらユ・ヘジンさんが私たちの宿所を訪問した一般人に ‘どうしてこちらへ来るようになったのか’ ‘どんな悩みがあってサンティアゴを訪問したのか’ などを全然聞かなかったよ”とし “その理由を聞いたら、ユ・ヘジンさんは ‘もう十分に心が複雑で大変な人々がこちらを尋ねて来たのに、グッこの私たちまでその心配と悩みを捜したいの’と答えた”と回想した。”一番少ない努力で享受することができる最高の贅沢は ‘食べ物'”と言ったナ・ヨンソクPD.彼は “単純に食事を済まして栄養分を満たすために食べ物を食べるという考えではなく、良い人々と分けたいという欲望で始まったプログラムが ‘スペイン下宿’だ”は所信をあらわした。’スペイン下宿’は来る15日午後9時10分tvNで初めて放送する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747814.htm, 2019/03/12 16:51:19]