春当たった歌謡界、感性シンガーソングライターが帰って来る

TcDxGuB_o

肌寒い気候が和らいでみることが近付く3月、暖かい感性を持ったシンガーソングライターも春の風と一緒にカムバックする。比較的若い年に作詞が・作曲家・歌手という三種類タイトルを皆持っているスターたちは最近珍しい。毎度自分の垢がついた作業結果物を出して音楽的力量をあらわすスターたちをでよく見た。◆ 情勢運、’Feeling (Feat.PENOMECO)”シンガーソングライ石’ 歌手情勢運が帰って来る。情勢運所属社スタスィブエンターテイメントは10日午後公式SNS チャンネルに情勢運の新しいミニアルバム ‘±0 (プラマイゼロ)’のプラスバージョンフォトティーザーを公開した。所属社によれば情勢運は今度アルバム活動で、その間維持した清凉で純粋なコンセプトでいっそう発展してもっと深い成熟な姿と濃い余韻を見せてくれる予定だ。新アルバムは情勢運がシンガーソングライターとして持っている力量をあらわす。ヒップホップミュージシャンペノーメコ(penomeco)がフィーチャリングに参加して情勢運が作詞を引き受けたタイトル曲 ‘Feeling (Feat.PENOMECO)'(フィーリング)を含めて自作曲 ‘White'(ホワイト)と紫雨林キム・ユナの ‘Going Home'(ゴーイングホーム) リメーク曲などが収録された。一方情勢運は来る19日 ‘±0 (プラマイゼロ)’と収録タイトル曲 ‘Feeling (Feat.PENOMECO)’を発表する。◆ ペク・イェリン、’Our love is great’歌手ペク・イェリンが帰って来る。ペク・イェリン所属社JYP エンターテイメントは11日0時所属社公式SNSにペク・イェリンのカムバックを知らせるカムバックアナウンスメントイメージを公開した。これによればペク・イェリンは来る18日午後6時新デジタルミニアルバム ‘Our love is great’を披露する予定だ。その間ペク・イェリンは ‘Bye bye my blue'(作詞雲・ペク・イェリン、作曲雲) ‘宇宙を向こう'(作詞ペク・イェリン・雲、作曲ペク・イェリン・雲) ‘彼の海'(作詞ペク・イェリン、作曲ペク・イェリン・雲) ‘Blue'(作詞ペク・イェリン、作曲ペク・イェリン・雲) など自分のアルバムタイトル曲と収録曲作業に参加してシンガー松羅イトとして面貌を見せて来た。一方ペク・イェリンは去る2017年12月発表したクリスマスシズンソング ‘Love you on Christmas’ 後約2年3ヵ月あまりぶりに自分の名前を掲げたアルバムに帰って来る。◆ チャン・ジェイン、’大丈夫だと言ってくれ’シンガーソングライターチャン・ジェインがカムバックする。チャン・ジェイン所属社ニューエラプロジェクトは11日公式SNS アカウントにチャン・ジェイン新しいデジタルシングル ‘大丈夫だと言ってくれ’ ミュージックビデオティーザー映像を公開した。映像によれば新曲は来る12日午後6時各種オンライン音源サイトに発売される。その間チャン・ジェインは ‘他の誰でもないあなたに'(作詞チャン・ジェイン・作曲カン・ヒョンミン) ‘私の衛星'(作詞チャン・ジェイン・作曲チョン・ソクウォン) ‘冬夜'(作詞チャン・ジェイン・作曲キム・ヒョンソク) ‘Love Me Do'(作詞チャン・ジェイン・作曲チャン・ジェイン)を含んだ多数の曲作業に参加して歌を発表して来た。一方チャン・ジェインは去年5月発表したシングル ‘ソウルノワール’ 以後約10ヶ月ぶりに直接作詞、作曲した新曲に帰って来る。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747649.htm, 2019/03/12 05:00:02]