現代車・SKテレコム ‘AI サービスロボット開発’ 手を取り合った

nnlHHuB_o

現代自動車(以下現代車)とSKテレコムが顧客応対用サービスロボット開発に拍車をかける。現代車とSKテレコムは11日京畿道華城市所在現代自動車南陽研究所で ‘サービスロボット開発のための両社の人工知能(AI) プラットフォーム間の相互協力MOU’を締結したと12日バックヒョッダイナル締結式には現代自動車チョ・ソンファン研究開発本部副本部長、玄冬陣ロボティックスチームチーム長とSKテレコムギムユンAIセンター場, ユウングファンSV イノベーションセンター場など現代車とSKテレコム関係者が参加した中に進行された。現代車とSKテレコムは今度協約を通じて現代自動車展示場に示範的に配置される顧客応対用サービスロボットを共同で開発するために多方面の努力を一緒に引き続くことに約束した。現代車のサービスロボットは職員を補助して展示場で顧客を応対する役目を遂行するようになる予定であり、現代車はSKテレコムとの協業を通じてロボットのサービス領域を確張して年内示範運営するという計画だ。現代自動車のロボットAI プラットフォーム ‘月が’とSKテレコムのAI プラットフォーム ‘誰’が結合して開発されるサービスロボットは顧客たちとの音声対話をベースに顧客迎え、車説明などの機能を取り揃えたことはもちろん音楽や天気などのような多様なサービスコンテンツも搭載される予定だ。現代車 ‘月が’はロボットが環境及び使用者と相互作用をするための空間認識及び映像処理、自然語処理などロボット特化技術を特徴にして、多様な顧客接点と国内最多使用者を保有したSKテレコム ‘誰’とプラットフォーム間の結合を通じて相当なシナジー効果を出すことに期待を集めている。現代車は顧客応対用ロボット開発を通じてサービスロボット分野にまで進出することで去年披露したことがある産業用・医療用ロボット分野に引き続きロボティックス事業領域を一段階もっと確張するようになった。現代車関係者は “国内最大通信企業SKテレコムと協業を通じて当社AI ロボットが顧客をもっと深く理解してもっと広い世の中と繋がれることができることに期待する”とし “ロボティックス事業拡張に歩調をあわせて多様なロボットプラットフォームに音声対話システムを含めたAI 技術を適用する計画だ”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747743.htm, 2019/03/12 09:45:51]