パク・ボム側、麻薬密輸疑い否認 “無知から始まったこと” (専門)

WWeJNuB_o

歌手パク・ボムがカムバックを控えて実は直しに出た。パク・ボム所属社デーネイション側は13日公式報道資料で “今日(13日) パク・ボムソロアルバムリリース記念ショーケース進行に先立ってパク・ボムと係わった一連の事件に対して直接事実と違う部分は直して国内活動を始めるのが当たりそうだ”と立場(入場)を伝えた。先に所属社は側は “去る2010年国際特送郵便でアメリカでエドロルと言う(のは)医薬品を持ちこんだ件に対して現在までも麻薬密輸、麻薬密搬入などの表現で言及になっています”と言いながら “パク・ボムははっきりと麻薬をしなかったからこの部分を直します”ときっぱりと否認した。引き継いで “エドロルは処方せんを受ければこそ暮すことができる、アメリカFDAで正式に承認した合法的な医薬品です”と言いながら “ただ、まだ国内法では麻薬類で分類される航程神聖医薬品で流通が禁止されていて当時これを正確に認知することができなかった、無知から始めた行動で物議をかもした点に対してはこめんねするだけです”と謝った。また “パク・ボムは現在までもADDという病を病んでいて、国内大学病院で着実に治療を受けて韓国で服用することができる成分が似ている合法的な薬を処方受けて服用しています”と説明した。最後に “新しい手始めに先立って非常に控え目でもあるがこれからは少しは暖かい視線で見てくれたらと思う切実な風です”と付け加えた。先立ってパク・ボムは去る2010年アメリカで国際特送郵便にアンフェタミンを持ちこんでいる途中仁川国際空港税関に摘発されたことがある。一方パク・ボムは13日ソロシングルアルバム ‘Spring(春)’を売り出して歌謡界に復帰する。下はパク・ボム所属社デーネイション公式立場(入場)専門だ。こんにちは?パク・ボム所属社デーネイションです。今日パク・ボムソロアルバムリリース記念ショーケース進行に先立ってパク・ボムと係わった一連の事件に対して直接事実と違う部分は直して国内活動を始めるのが当たりそうで下記のように立場(入場)を先に伝えようとします。去る2010年国際特送郵便でアメリカでエドロルと言う(のは)医薬品を持ちこんだ件に対して現在までも麻薬密輸、麻薬密搬入などの表現で言及になっているのにパク・ボムははっきりと麻薬をしなかったからこの部分を直します。エドロルは処方せんを受ければこそ暮すことができる、アメリカFDAで正式に承認した合法的な医薬品です。ただ、まだ国内法では麻薬類で分類される航程神聖医薬品で流通が禁止されていて当時これを正確に認知することができなかった、無知から始めた行動で物議をかもした点に対しては申し訳ないだけです。しかし現在国内で許可受けた多数の医薬品も手広く麻薬類で分類されているし、これを服用したと全部麻薬をすると表現しないです。パク・ボムも治療の目的に服用の中で、当時進行した尿の検事を通じて成分が全然検出されなかったしここに警察でも情況と証拠が認められて調査が仕上げされたのです。パク・ボムは現在までもADDという病を病んでいて、国内大学病院で着実に治療を受けて韓国で服用することができる成分が似ている合法的な薬を処方受けて服用しています。今も病気を勝ち抜けようと努力していて、大変な時間があったが、また勇気を出して一人立ちをしようと思います。新しい手始めに先立って非常に控え目でもあるがこれからは少しは暖かい視線で見てくれたらと思う切実な風です。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747863.htm, 2019/03/13 10:31:40]