パク・ボム “麻薬論難、疑いないと考え…勝利は言うこと 無”

rq9EPuB_o

歌手パク・ボムが過去包まれた麻薬論難に関して口を割った。パク・ボムは13日午後5時進行された新しいシングル ‘Spring’ 発売記念ショーケースに参加して去る2014年はみでた麻薬密輸入疑惑事件を言及して “疑いがないと思う”ときっぱりと立場を明らかにした。先にパク・ボムは “一度すっきりするように自分の口で言いたかった”とし “こんなに機会になって申し上げる”と運をテッダ。引き続きパク・ボムは “当時検査を受け、私は疑いがないと思う”とし “何故ならばこれ以上調査が進行されなかった事だからだ。海外で治療目的に正常な処方せんを受けて服用した薬だっただけ、国内法をよく分からなかったから起ったことだ”と説明した。引き継いで “しかし無知から始まったことでもその事件で物議をかもした点は申し訳ない”と首を下げた。この日ショーケース現場にいたパク・ボム所属社デーネイション代表スコットも舞台の上に上って来て説明を補った。スコット代表は “一番(回)くらい指摘して思わなければならない問題と思った”とし “パク・ボムさんが過去に服用した薬はFTA 承認が私はエドロルという薬だったが、その薬はアメリカで治療剤に服用することができる薬だ”と言った。引き継いで “パク・ボムさんはいつも私に ‘韓国で搬入にならないという事実が分からなくて起ったことだからとても申し訳なく思って心配おかけして申し訳ない’と言って来た”と伝えた。また “これからは同じ間違いを繰り返さないだろう。今も韓国で取り替えることができる薬で着実に治療の中でありこれから1~2年はもっと治療をしなければならないようだ”と明らかにした。この日パク・ボムは最近はみでたビッグバンメンバー勝利とパク・ボムの私は所属社YG エンターテイメントを取り囲んだ論難には “申し上げるお話がない”と短く返事した。一方パク・ボムは2010年アメリカでアンフェタミンが含有されたエドロルを密輸入してから摘発された疑いが2014年知られて活動をしばらく中断したことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747939.htm, 2019/03/13 18:25:24]