メイクアース、今日(13日) ジョン・ジュンヨンと契約解約(公式)

XVQQNuB_o

歌手ジョン・ジュンヨンの所属社メイクアースエンターテイメントが13日付で契約を解約したと明らかにした。メイクアースエンターテイメントは13日報道資料を出して “当社は今度事件と係わってこれ以上ジョン・ジュンヨンとの契約を維持することができないと判断した”とし “2019年1月自社ラベルレイブルエムと契約した歌手ジョン・ジュンヨンと2019年3月13日付で契約解約を合意した”と明らかにした。引き継いで “当社は所属アーティストによって発生した今度事態に対して重い責任感を感じて、ジョン・ジュンヨンが謝罪文で明らかにしたことのようにまじめに捜査と裁判に臨むことができるように最後まで牛なのを終えるように努力する”と伝えた。ジョン・ジュンヨンは昨晩メイクアースに謝罪文を伝達した。彼は “恥ずかしくて、恐れ多い心で地面を祈ってあいさつさせていただく”とし “あのジョン・ジュンヨンは今日3月12日帰国して今一度事態の深刻性を悟ってもう遅れたがこの謝罪文を通じて私に関心をくださって再び機会をくださったすべての方々にお詫びのこと申し上げます”と書いた。引き継いで “私に関して挙論されている内容と係わって私のすべての罪を認める。私は同意を受けないまま女性を撮影してこれをSNS チャットルームに流布し、そんな行為をしながらも大きい罪責感なしに行動した”とし “公人として指弾受けて適当な不道徳な行為だったし、あまりにも軽率な行動だった”と自分の疑いを認めた。また彼は “何よりこの事件が現われていやらしい真実を迎えるようになった映像に登場する女性方々科、失望感と驚愕を禁じえない事態に怒りを感じる皆さんにひざまずいてお詫びさせていただく”と言った。それとともに “私が出演したすべての放送で下車してすべての芸能活動を中断するはずであり、これからは自粛ではない公認としての私のすべてのものを下ろして、犯行にあたる私の非倫理的で違法した行為を一生反省する”と言った。ジョン・ジュンヨンのこんな犯罪事実は去る11日 ‘SBS 8 ニュース’から明らかになった。’SBS 8 ニュース’はジョン・ジュンヨンと知人たちと対話内容を公開して性関係不法映像及び流布事実を知らせ、これ以上被害を防ぐために悩みの末に実名を明らかにすることにしたと伝えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747871.htm, 2019/03/13 11:04:05]