‘目が眩しく’ アルツハイマー病んだキム・ヘジャ?…’反転エンディング’

XpoqNuB_o

ドラマ ‘目が眩しく’でキム・ヘジャの時間離脱秘密が明らかになった。12日放送されたJTBC 月火ドラマ ‘目が眩しく'(シナリオイ・ナムギュ・キム・スジン、演出キム・ソクユン) 10回で慧慈(キム・ヘジャの方)がアルツハイマーを病んでいるという衝撃反転が現われて胸ゾリッした余韻と衝撃を抱かれた。この日フィワン(キム・ヒオンの方)からズンハ(ナムズヒョック分)を求めた慧慈(キム・ヘジャの方)は彼と一緒に夕陽が負ける海に行った。そして時計お爺さん(チョン・ムソンの方)がそのように切実だった時計を慧慈に渡した。時計裏に書かれたイニシャルを見た瞬間、慧慈の時間がまたもつれ始めた。混乱する慧慈の目の前に喪服を着た二十五の慧慈(ハン・ジミンの方)が立っていた。零れ落ちる記憶の中そのまま精神を失った慧慈が目を開いた時現実のすべてのものは変わっていた。”私はアルツハイマーを病んでいます”という慧慈の真実は衝撃を越して濃い余韻で胸をえがらくした。すべてのものは時間を回す時計が作ったのではなくアルツハイマーにかかった慧慈の記憶の中で開いたことだった。二十五慧慈は70代慧慈の過去だったし、準する療養院医者である上弦だった。ママとパパも息子と嫁女だった。終映まで2回のみを残しておいて衝撃的な時間離脱の秘密が明らかになって結末に関心が零れ落ちている。相変らず解けなければならない秘密も残っている。過去の記憶の中夫婦だったことを暗示する慧慈とズンハ、喪服を着て涙を流す慧慈そして時計お爺さんの正体まであちこちに隠された記憶の切れがどう合わせられるかは結末で現われる。最終回は18日、19日午後9時30分JTBCで放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747852.htm, 2019/03/13 09:19:06]