ヨン・ジュンヒョン “立場(入場)繰り返し変更こめんね。..反省して反省しながら暮す”

54zNUuB_o

グループハイライトを脱退した歌手ヨン・ジュンヒョンがジョン・ジュンヨン ‘盗撮動画’と係わって直接立場を明らかにした。ヨン・ジュンヒョンは14日自分のインスタグラムに “私は11日SBS 8時ニュースが出た直後会社の真否確認電話を受けた時論点をよく理解することができずに私がダントックバングになかったという内容だけ伝達した”と公式立場(入場)が繰り返し変更された理由を明らかにした。彼は “会社立場(入場)では私の肩を持って公式立場(入場)で報道内容が迎えない話をしたが、私が過ち伝達した内容”と言いながら “その事が2016年だと申し上げたのは、ジョン・ジュンヨンと対話内容が私のカトックに残っていなかったから当時日付確認をまともにすることができなかった。多くの人々の混乱を加重させた点、お詫び致す”と言った。引き継いで “あの時動画を受けたことがないが、他の動画を受けたことがある。だけでなくそこに対する不適切な対話もした。このすべての行動があまりにも不道徳な行動だったし、私が愚かだった。これが犯罪で犯法行為と思うことができずに安逸に思い、それをきっぱりと制止することができなかった点も私の過ち”と言った。ヨン・ジュンヒョンは参考人の調査で “私が分かっているすべてのものに対して嘘なしに話して、捜査に協調した”と明らかにした。それとともに彼は “参考人の調査を受けながら過去に私がどんな話をしたのか正確に見るようになり、恥ずかしくてさんたんさを禁ずることができなかった”と言った。引き続き彼は “ただ一番(回)も盗撮を取ったりそれを流布したりするなどの犯法行為をしなかった”と強調した。ヨン・ジュンヒョンは “今まで送ってくださった過分な愛に報いることができずにこんな事で私を信じているメンバーたちとペンブンドルの信頼を忘れるようになって本当に申し訳ない”と謝って “私によってがっかりしたファン方々科メンバーたちにこれ以上被害が行くことを願わなくて、2019年3月14日付けでグループハイライトで脱退する.反省して、また反省しながら暮す”と謝った。先立ってヨン・ジュンヒョンはジョン・ジュンヨンが作った団体チャットルームにいる芸能人中一人に指目された。すると彼は自分のSNSに “事実可否を別にしてこんな事に連関されて名前が挙論されたという事実にもう一度私を振り返るようになった。先後状況を排除してチァギブギドエオ報道された内容は事実ではない”と線を引いた。しかし警察の調査結果彼が不法映像を見た事実が確認された。以下ヨン・ジュンヒョンインスタグラム専門こんにちは(さようなら)してくださいヨン・ジュンヒョンです。先に、敷布団何日私によって大変な時間を過ごしたメンバーたちとすべてのファンに心よりお詫び致します。私は11日SBS 8時ニュースが出た直後会社の真否確認電話を受けた時論点をよく理解することができずに私がダントックバングになかったという内容だけ伝達しました。それで会社立場(入場)では私の肩を持って公式立場(入場)で報道内容が迎えない話をしたが、私が過ち伝達した内容でした。公式立場を出すために会社と話をした中その事が2016年だと申し上げたのは、ジョン・ジュンヨンとの対話内容が私のカトックに残っていなかったから当時日付確認をまともにすることができなかったです。これも多い人々の混乱を加重させた点、お詫び致します。2015年末当時カトック内容関してニュースで報道された私とジョン・ジュンヨンとの対話内容は、その前日のようにお酒を飲んで家に入った後、その翌日呼ばない聞いている途中ジョン・ジュンヨンがそんな事(不法動画撮影物を他人に送ってかかったという) このあったであり話をし、そこに斉家 “その女の子にかかったと?”と返事をしたのでした。その時動画を受けたことがないが、他の動画を受けたことがあります。だけでなくそこに対する不適切な対話もしました。このすべての行動があまりにも不道徳な行動だったし、私が愚かでした。これが犯罪で犯法行為だと思うことができずに安逸に思い、それをきっぱりと制止することができなかった点も私の過ちです。昨日私はこの事案と係わって参考人の調査を受けにただいま。私が分かっているすべてのものに対して嘘なしに話して、捜査に協調しました。参考人の調査を受けながら過去に私がどんな話をしたのか正確に見るようになり、恥ずかしくてさんたんさを禁ずることができなかったです。ただ一度も盗撮を取ったりそれを流布したりするなどの犯法行為はしなかったです。また、2016年末からはジョン・ジュンヨンとお互いの呼ばないたまに聞く位の関係だけ維持しました。しかし私はその間そんな事実が分かったけれどもあまりにも易しくて安逸に思って行動したし、今までそんな底意行動によって他の幾多の被害者たちができるかもしれないこの深刻な問題に対して見逃した傍観者でした。今まで送ってくださった過分な愛に報いることができずにこんな事で私を信じているメンバーたちとペンブンドルの信頼を忘れるようになって本当に申し訳ございません。私はこの事案の深刻性を悟って、また私によってがっかりしたファン方々科メンバーたちにこれ以上被害が行くことを願わなくて、2019年3月14日付けでグループハイライトで脱退をします。反省して、また反省しながら暮します。もう一度心よりお詫び致します。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748032.htm, 2019/03/14 15:33:24]