“何の罪?”ジョン・ジュンヨンのため被害を受けた 女俳優たち

f1f1QuB_o

“悪性ルーマーは俳優と関係ないこと。..法的な処罰で強硬に対応する方針です。”俳優イ・チョンアチョン・ユミオ・ヨンソオ・チョヒなどの所属社が13日明らかにした立場(入場)だ。先立って歌手ジョン・ジュンヨン動画波紋が広がりながら罪もない女芸能人たちの名前が挙論されたからだ。彼らはだしぬけなルーマーに巻き込まれたことも足りなくてイメージ損傷まで2次被害を受けて切ない状況に置かれた。去る12日オンラインコミュニティとSNSには一名 ‘ジョン・ジュンヨン動画リスト’と呼ばれる脾臓の時が流れた。ここにイ・チョンア、チョン・ユミ、オ・ヨンソ、オ・チョヒなどの名前が属していて、これはまるで事実であること思いきり多い人々に広がった。するとイ・チョンアとチョン・ユミは12日 “心配しないです”という短い文を直接残してファンを安心させた。しかし問題の動画リストは一波万波広がり、彼らに対するイメージ毀損が深刻になった。以後イ・チョンアの所属社ギングスエンターテイメントはこの日午前に報道資料を出して “現在各種コミュニティ、SNS などを通じて流布している悪性ルーマーも俳優と関係ないことで全然事実ではないことを強調する”と伝えた。引き継いで “所属俳優保護のために善処ない力強い法的対応を進行することで追加被害が発生しないように積極的に努力する予定”と明らかにした。チョン・ユミの所属社スターキャンプ202度この日 “皆事実無根なのを確かに申し上げる”と明らかにした。引き継いで “途方もないルーマーに所属俳優の名前が挙論されることさえ非常に不快な状況”と言いながら “当社は所属俳優の名誉と人格を毀損する行為が持続する場合これと関して法的な処罰で強硬に対応する方針”と言った。またオ・ヨンソの所属社セルトリオンエンターテイメントもこの日公式フェイスブックに “現在流布中の当社所属俳優関連内容は全然根拠ないルーマーで、虚偽事実の無分別な拡大で俳優の深刻な名誉毀損が憂慮される状況”と言いながら確認されないルーマーの作成、掲示、流布者に対する証拠収集と法的対応及び所属俳優の権益保護のためにすべての手段を講ずるはずだと知らせた。オ・チョヒは自分のSNSに “本当にではない。私は関係ないことだ。今朝から今まで何通の連絡を受けたのか分からない”とし “先輩がしてくださったお話 ‘学ぶ人を理解しなければならない仕事’なのに心配してくださるすべての方々感謝する”と伝えた。だけでなくジョン・ジュンヨンのミュージックビデオで呼吸を合わせたことがあるキム・ジヒャンの所属社デーモストエントテインモントも立場(入場)を出した。所属社は “オンラインメッセンジャー及びSNS などを通じて流布している当社俳優関連脾臓の時内容は事実ではない虚偽悪性ルーマーなのを明らかにする”とし “俳優の名誉と人格を毀損する行為が持続する場合、どんな合意や善処なしにミン刑事上法的措置を通じてカン敬賀なの対応すること”と言った。ジョン・ジュンヨンのこんな犯罪事実は去る11日 ‘SBS 8 ニュース’から明らかになった。’SBS 8 ニュース’はジョン・ジュンヨンと知人たちと対話内容を公開して性関係不法映像及び流布事実を知らせ、もっと被害を防ぐために悩みの末に実名を明らかにすることにしたと伝えた。ジョン・ジュンヨン動画リストで芸能界は各種ルーマーでつかれ病いを病んでいる。特に彼と結んだ少少の縁に ‘動画リスト’ ルーマーに包まれた女優たちは罪もない被害を受けている。ジョン・ジュンヨンは去る13日夜所属社メイクアースに謝罪文を伝達した。彼は “私に関して挙論されている内容と係わって私のすべての罪を認める。私は同意を受けないまま女性を撮影してこれをSNS チャットルームに流布し、そんな行為をしながらも大きい罪責感なしに行動した”とし “公人として指弾受けて適当な不道徳な行為だったし、あまりにも軽率な行動だった”と自分の疑いを認めた。引き継いで “何よりこの事件が現われていやらしい真実を迎えるようになった映像に登場する女性方々科失望感と驚愕を禁じえない事態に怒りを感じる皆さんにひざまずいてお詫びさせていただく”と言った。それとともに “私が出演したすべての放送で下車してすべての芸能活動を中断するはずであり、これからは自粛ではない公認としての私のすべてのものを下ろして、犯行にあたる私の非倫理的で違法した行為を一生反省する”と付け加えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747943.htm, 2019/03/14 00:00:05]