延期に演出まで…多才多能★野

f2OJUuB_o

今年に入ってだけ三人の名義アクターが ‘監督’という修飾語を持って帰って来る、その間短編映画、演劇など製作に参加して着実に文化コンテンツ開発に関心を持って来たスターから、2019年初監督デビュー作を出す主人公たちまで。一つ分野にだけ限らないで多様な才能を広げるスターたちをで集めた。◆ 金尹錫、”50が過ぎた年だが…挑戦”俳優金尹錫は最近映画監督で申告式を支払う。来る4月封切り予定である映画 ‘未成年’は金尹錫監督の初演出作に期待を集めている。先立って去る13日開かれた ‘未成年’ 製作報告会に参加した金尹錫は “常に映画演出をしたいという考えをしていた”とし “50歳を過ぎた年に遅れた気もあるが、挑戦下記がよくできたようだ”と演出所感を明らかにした。金尹錫は映画に関して “過去に若い作家たちと演出家が集まって五つ作品の演劇をオムニバス形式と発表したことあった”とし “なかでも一作品が ‘未成年’だったし、1年位シナリオ作業後2~3年間シナリオ修正を通して誕生した”と説明した。◆ ハ・ジョンウ、’ローラーコースター’ 監督から ‘偶然に結婚’ 製作まで俳優ハ・ジョンウは金尹錫より先に映画演出を始めた。先立って ‘未成年’ 製作報告会で金尹錫監督はハ・ジョンウを言及して “演出と延期を同時にしにくかった”とし “ハ・ジョンウを尊敬するようになった”と告白した。ハ・ジョンウは2013年封切りしたコメディー映画 ‘ローラーコースター'(2013)を出して監督でデビューして映画 ‘ホ三観'(2014)まで二本の長編映画を演出した。ハ・ジョンウは三番目演出映画を準備している。ケイパームービージャンルで、現在シナリオ作業中にある。ハ・ジョンウは最近企画に製作まで引き受けた映画 ‘トレードラブ’を準備の中だ。撮影を終えて封切りを準備している。◆ チョン・ウソン、’文化コンテンツ向かったたゆまぬ関心’俳優チョン・ウソンは今年長編商業映画監督でデビューを控えている。チョン・ウソンは2018年二本の主演映画 ‘証人'(監督離韓) ‘わらくずでもつかみたいけだものたち'(監督キム・ヨンフン)に出演したのに続き、監督でもデビューして活発な活動を広げる予定だ。封切り予定作品は朝鮮時代を背景にする史劇アクションジャンルで、チョン・ウソンが演出とともに主演で参加する。その間チョン・ウソンは全般的な大衆文化芸術コンテンツにたゆまぬ関心を見せて来た。2014年には短編映画 ‘キラーの前の年寄り’を演出したし同年公開したメロー映画 ‘私を忘れないでね’を企画、製作したし主演まで引き受けた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1747985.htm, 2019/03/14 15:17:09]