‘終り=手始め’…春を駆って帰って来たママ無義 ‘ゴゴベベ'(総合)

bbo5UuB_o

“終りはすぐ手始めだから、プロジェクト最後のアルバムに ‘白カンバスを一緒に色漆海歌者’は意味を盛ってカムバックしました。”ガール・グループママ無価花冷えも終わらせる楽しい春香りを駆って帰って来た。14日午後2時ソウル市麻浦区西橋洞弘益大学ムブホルでママ無義九番目ミニアルバム ‘White Wind’ 発売記念ショーケースが開かれた。この日行事には進行を引き受けたイ・ジエアナウンサーとママムメンバームンビョル、ソーラー、フィである、花蛇が参加してアルバムに関して話を交わした。去年の春 ‘ポシズンポカルロプロジェクト’の初アルバム ‘Yellow Flower’で成功的な砲門を開いた後、引き継いで ‘RED MOON’と ‘BLUE;S’で国内はもちろん海外でも大きい愛を受けたママム。毎アルバム各メンバーたちの象徴色を借用したコンセプトでカムバックしたママ無義プロジェクト最後のアルバムは ‘White Wind’だ。フィインの象徴である白と望むことを加えて完成された。去年3月売り出した ‘Yellow Flower’で始めた後約1年ぶりにプロジェクトの終わりを飾るアルバム ‘White Wind’に帰って来たからメンバーたちにも今度活動は意味深い。ブラシという “1年の間四枚のアルバムを休みなしに売り出すためにすごく大変だった。一番(回)活動を終わらせればすぐまた次の活動を準備しなければならなかった”と告白しながらも “しかし今になって考えてみたら多い思い出を作ることができたようで惜しかったりして気軽いが残念だ”と説明した。ムンビョルは “初アルバムタイトル曲 ‘星が輝く夜に’の ‘星’は次のバッターである私を予告するキーワードだった”とし “二番目アルバムタイトル曲 ‘ノナして’と言う次のメンバーであるソーラーの ‘日’を現わした”と説明した。引き継いで “今度最後の曲である ‘ゴゴベベ’を発表して、その間のこんな伏線を明らかにすることができてすっきりする”と告白した。これを聞いたフィインまでもびっくりして “私もその意味をもう分かった”と言った。’ゴゴベベ’はママ無義常に新しいコンセプトを創造したキム・ドフン総括プロデューサーが作曲を引き受けた。2001年売り出したキム・ゴンモの ‘チァングが’という曲の ‘ジジベベ泣くあの鳥たちも’という家事とメロディーをモチーブで作曲して過ぎ去った愛とことにこだわらないで楽しいように楽しんでいる愉快なママ無義姿を表現する。曲は家事とメロディーも注目するに値する。ムンビョルとフィインは “ママ無価初めて試みる群舞”と言いながら “こんなに多い振付がした曲に入って行ったことがなかった”と言った。ソーラーも “指をかんだり手真似する振付など聞く楽しさに見る楽しさまで加わった曲だから今度活動をよく見守ってくだされば感謝する”と明らかにした。花蛇は ‘ゴゴベベ’ 感想ポイントで ‘一塁と、一塁と、一塁と’という部分の踊りを指折って “‘はやく一緒に楽しみに行こう’と誘惑をする踊りだ”と説明した。以外にも髪の毛を上であげる ‘ポニーテール踊り’を指折って “が二つの部分の振付を目を注いで見てくれれば良いだろう”と付け加えた。ムンビョルは ‘nine slash six, six ninteen’という家事を感想ポイントで指折って “ママ無義デビュー一人6月19日を家事にとかし出した”とし “‘9/6’を覆せば結局 ‘6/9’だから、私どもの初めと終りを皆ダムアネヌのようで気に入る”と言った。’ゴゴベベ’は先立ってティーザーが公開された後からもうファンの間で ‘不禁(燃える金曜日) トエグンソング’と呼ばれている。ママム特有のいじめっこみたいで明るい活力があふれる曲だから。ファンも今度新曲コンセプトを喜ぶ雰囲気だ。ブラシという “その間 ‘ポシズンポカルロプロジェクト’を進行して来て ‘星が輝く夜に’ ‘ノナして’ ‘Wind Flower’を発表したが、ファンはいつもなぜ ‘ウムオアイェ’ ‘私に言うようならば’ 同じ明るい曲が一体いつ出るかと聞いた”とし “ペンブンドルの意見を収容して明るくて軽快な ‘ゴゴベベ’を持って来た”そのタイトル曲選定理由を明らかにした。春が来る町角でママ無価発表する ‘ゴゴベベ’は14日午後6時各種音源サイトに公開される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748033.htm, 2019/03/14 16:39:52]