エピック・ハイvsパク・ボムvsママム、’変えて変えて’ 音源強者

VN7CZuB_o

3月第3週に公開された音源が並んで国内主要7個音源サイト(メロン、ジニーミュージック、バックス、ネイバーミュージック、ソリバダ、バックス、オルレミュージックなど) リアルタイム音源チャートで最上位圏を争っている。毎度曲発表時ごとにチャート上位圏に安着して ‘信じて聞く歌手’ 修飾語を持ったグループママム、エピック・ハイから ‘新 音源女帝’に浮び上がったソロ歌手パク・ボムまで。浮動の1位席に安着するために今この瞬間もいつも競争中の新報をで集めた。◆ エピック・ハイ、メロン ‘浮動の1位’去る11日公開されたエピック・ハイの新しいアルバム ‘sleepless in __________’ タイトル曲 ‘お酒が甘い(feat.クロスィ)’は12日午前8時基準メロンを含めた7個重要音源サイトリアルタイムチャート1位を荒した。音源公開直後からチャート最上を独占したタイトル曲 ‘お酒が甘い’ だけでなく ‘夜明けに’ ‘In Seoul (Feat.ソンウ・ジョンア)’ ‘No Different (Feat.YUNA)’ ‘悲歌来るんだって明日も’ など収録曲もチャート人した。15日午前10時基準 ‘スルイダルだ’はバックス3位、地だから3位、オルレ3位、ソリバダ3位、ネイバーミュージック1位に安着したし大きい変動なしにメロンチャートでは相変らず1位を維持している。’sleepless in __________’は悪夢、失恋、鬱病、明日に対する悩みなど各々他の理由で眠り入る事ができない人々に捧げる7個の歌で構成された。タイトル曲 ‘お酒が甘い (LOVE DRUNK)(Feat.クロスィ)’は苦苦しい別離の痛みによって眠れなくてお酒を探して、お酒のため眠れない人々の話を描いた。◆ パク・ボム、1位に ‘復帰青信号’グループトゥエニィワン出身歌手パク・ボムは約4年ぶりのカムバックが顔負けではないように新しい音源女帝に浮び上がった。去る13日パク・ボムが発表した新曲 ‘春’は国内7個重要音源リアルタイムチャート(バックス、ジニー、オルレ、ソリバダ、エムネット、メロン、ネイバーミュージック) 上位圏を記録した。15日午前10時基準 ‘春’はバックス1位、地だから2位、オルレ1位、ソリバダ2位、エムネット2位、メロン3位、ネイバーミュージック12位に上がった。発売次捺印14日には午前8時基準国内主要音源チャート五つ(バックス、ジニー、オルレ、ソリバダ、エムネット) リアルタイム音源チャートで1位に上がったしメロンでは2位を記録して復帰青信号を現わした。パク・ボムの ‘春’を脅威する音源女帝ガール・グループママ武道無視することができない。去る14日ママ無価売り出した新しいアルバム ‘White Wind’ タイトル曲 ‘ゴゴベベ'(gogobebe)は15日午前10時基準エムネット、バックス、ソリバダ1位を含めてメロン、ネイバーミュージック、ジニーミュージック、オルレミュージック2位に上がって音源チャート最上位圏を占領した。◆ ママム、’ミッドッマムム’には当たり前の1位’ウムオアイェ’ ‘お前はis 何”私に言うようならば’ など売り出す音源ゾックゾック興行させるガール・グループ音源強者ママ武道無視することができない。ママムは去る14日九番目ミニアルバム ‘ホワイトウインド(White Wind)’を発表した中に、タイトル曲 ‘ゴゴベベ’で音源チャートで熱い反応を得ている。15日午前10時基準 ‘ゴゴベベ’はエムネット、バックス、ソリバダ1位を含めてメロン、ネイバーミュージック、ジニーミュージック、オルレミュージック2位に上がって音源のためト最上位圏を占領した。だけでなく今度アルバムに収録された7曲田穀がチャートに進入して ‘ミッドッマムム’としての底力を誇示した。’ゴゴベベ’は盛りだくさんのメロディーが耳にくるくる回わる強い中毒性が特徴だ。ママム特有の楽しみがわいて愉快なエネルギーを感じることができる曲で、過ぎ去った愛と仕事にこだわらないで前を向かって行くという率直で堂々な魅力が盛られた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748104.htm, 2019/03/15 11:21:27]