スクリーンに登場したセウォル号。..’悪質警察’ ‘誕生日’

TXX6WuB_o

スクリーンにセウォル号が登場した。映画 ‘悪質警察'(監督イ・ジョンボム) ‘誕生日'(監督イ・ゾンオン)が2014年4月16日発生したセウォル号事件を素材にしながら格別の関心を受けている。しかし封切りを控えて ‘時期尚早だ’ ‘必要な映画だ’ など多くの意見が出ている。来る20日封切りする映画 ‘悪質警察’は商業映画最初でセウォル号惨事を扱った。敏感な主題で控え目になるしかない中イ・ジョンボム監督は “沈黙よりましだと判断して作った”と明らかにした。’悪質警察’は封切りに先立って去る13日ソウル竜山区CGVで記者たちを対象に先に公開された。先立って犯罪物だと広報された映画の雰囲気と違いセウォル号話が盛られながら試写会に参加した人々は頻繁に驚く雰囲気が形成された。映画は裏金は取りそらえて非理は目を閉じて犯罪は糸を引く悪質警察粗筆号(イ・ソンギュンの方)が巨大企業の陰謀に巻き込まれながら起る犯罪ドラマで、ここで粗筆号はセウォル号惨事当時遺族と縁ある刑事に登場する。この監督は “2015年タンウォン高校に行った時衝撃受けてこの話を必ずしたかった”とし “映画を5年近く準備したが商業映画でセウォル号惨事を扱うのは危ない。それでもセウォル号話をきちんとしたかった”と言った。それとともに “最初の手始め店がセウォル号だったし、どんな方式があるか悩む誕生した映画街 ‘悪質警察'”と言いながら “シナリオを企てた時から悩んで論難がおこるのだと予想した”と明らかにした。来る4月3日に封切りする映画 ‘誕生日’もセウォル号惨事家族の話を取り上げた。2014年4月16日世を去った息子の誕生日、残された人々がお互いにおさめた記憶を一緒に交わす話だ。’誕生日’ も封切りの前から論難がおこった。まともに真相究明にならない事件を劇映画で製作するという理由からだ。イ・ゾンオン監督は “遺族協議会にも尋ねて映画に対して申し上げた。その方たちが控え目に力を出して上手にしなさいと応援してくださった”と言った。引き継いで “映画をすべて作って遺族協議会で遺族の方々とすべて一緒に時事をしてその方たちの意見を聞いた後最終編集本を作るようになった。あの時遺族の方々が苦労してくださったとおっしゃってくださったが本当にありがたかった”と付け加えた。二つの映画皆セウォル号家族の同意を受けて映画を製作したがそれにもかかわらず憂慮の視線は続いている。多くの人々の胸を痛くしたその日の記憶が傷になることもできるからだ。二つの映画皆通常の商業映画のように消費になるはずか、意味深い作品になるか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748044.htm, 2019/03/15 01:00:01]