今は当たってあの時は違う。..ヨン・ジュンヒョン・崔鐘勲の誤った対処法

mRRRWuB_o

‘今は当たってあの時は違う’ホン・サンス監督の映画題目が歌手ヨン・ジュンヒョンと崔鐘勲にもあたるかはその誰も想像することができなかった。先立って二人は不法映像共有と警察請託疑いで論難に巻き込まれた。以後強硬に否認したヨン・ジュンヒョンと崔鐘勲はすべての証拠が現われると結局過ちを認めた。そして今は当たって、あの時は違ったとしながら遅い言い訳を言った。崔鐘勲の所属社FNCエンターテイメント(以下FNC)は14日午後報道資料を出して “崔鐘勲はチームで永遠に脱退して芸能界を引退することにした”と明らかにした。崔鐘勲は2016年2月竜山警察署に飲酒運転で摘発された。血中アルコール濃度0.05%で、崔鐘勲は警察に “大衆(マスコミ)に知られないようにしてくれ”と頼んだ。以後彼は担当警察の誕生日に祝いメッセージなどを送って親密な関係を維持して来たと知られた。この事実が知られるとFNCは “本人に確認した結果請託は事実ではないことを確認した”とし “250万ウォンの罰金と100日免許停止処分を受けた”と警察と癒着関係を否認した。しかし一日ぶりに立場(入場)をくり返し変更して崔鐘勲の疑いを認めた。FNCは14日また報道資料を出して “今度事案に対して事実を隠したり覆おうとする意図がないことを明確に明らかにする”とし “ずいぶん前の事を本人が憶える部分に対して相互信頼関係をもとに最大限本人に確認過程を経った後立場(入場)を発表した”と明らかにした。しかし崔鐘勲と所属社FNCに対する世論の雰囲気は冷ややかだ。”芸能人の生折って罪囚の生で新たに生まれなさい”(jwle****) “FNCは所属芸能人たち官吏と教育を話すことではなくそのまま所属社職員方々から”(yang****) “所属社ブインヘッザや~隠そうと思ったんじゃないの~何を分からないふりであるべき”(bboy****) などの反応を見せている。ヨン・ジュンヒョンも同じだ。彼もこの日午前所属社アラウンドアースを通じて脱退意思を明らかにした。アラウンドアースは “(ヨン・ジュンヒョンが) 責任を痛感してそれによるグループのイメージ失墜及び2次被害を防ごうと当社と協議の下に2019年3月14日付けでグループハイライトを脱退する”と伝えた。先立ってヨン・ジュンヒョンはジョン・ジュンヨンが作った団体チャットルームにいる芸能人中一人に指目された。すると彼は自分のSNSに “事実可否を別にしてこんな事に連関されて名前が挙論されたという事実にもう一度私を振り返るようになった。先後状況を排除してチァギブギドエオ報道された内容は事実ではない”と線を引いた。しかし警察の調査結果彼が不法映像を見た事実が確認された。ヨン・ジュンヒョンは自分のインスタグラムに “私は11日SBS 8時ニュースが出た直後会社の真否確認電話を受けた時論点をよく理解することができずに私がダントックバングになかったという内容だけ伝達した”と公式立場(入場)が繰り返し変更された理由を明らかにした。引き続き彼は “あの時動画を受けたことがないが、他の動画を受けたことがある。だけでなくそこに対する不適切な対話もした。このすべての行動があまりにも不道徳な行動だったし、私が愚かだった。これが犯罪で犯法行為と思うことができずに安逸に思い、それをきっぱりと制止することができなかった点も私の過ち”と認めた。ヨン・ジュンヒョンは “私によってがっかりしたファン方々科メンバーたちにこれ以上被害が行くことを願わなくて、2019年3月14日付けでグループハイライトで脱退する。反省して、また反省しながら暮す”と謝った。一回力強く繰り返し変更を一ヨン・ジュンヒョンだから彼に向けた非難の声も甘くない。オンラインコミュニティとポータルサイトには “対処すること見ればヨン・ジュンヒョンがレアル卑怯”(rorn****) “言葉はすぐしよう。傍観者ではなく同調した者”(milk****) “くすくす笑う時はいつで何は傍観者よ”(qwm2****) “黙認ばかりしたの?私はそのように考えしなくて”(ajab****) などの反応だ。現在芸能界は ‘非常’にかかった。勝利が男取締役に勤めたクラブボニングソン暴行事件がものすごい波長を起こすからだ。多くの人々から愛されたアイドルたちの犯罪があちこちに現われて大衆の失望感は大きくなっている。だけでなく罪もない芸能人がルーマーに包まれて2次被害を被っている状況。今度 ‘ボニングソンゲート’ 事件で芸能界は長い時間つかれ病いを病むようだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748060.htm, 2019/03/15 00:00:02]