‘プロデュースX101’にかける期待と憂慮

cSvI2uB_o

今年上半期放送予定であるMnet サバイバルプログラム ‘プロデュースX 101’を向けた人々の関心が熱い中去る15日、センター対象者に指目された参加者ラインナップが公開されて人目を引いている。ネチズンたちは “今度にもウォノワンガッはボーイグループが誕生したら良いだろう”とコメントで期待感を表現している。’プロデュースX 101’ 製作陣はこの日公式ホームページにセンター候補者のプロフィールを公開して正午から夜の十二時まで12時間の間タイトル曲センターを選抜する投票を進行すると明らかにした。今度公開されたセンター候補はもう行われた等級評価でA等級を受けた人々でビックトン出身ツェビョングチァンハン・スンウ、アップテンション出身金佑錫イ・ジンヒョク、マイティン出身ソン柳ビンなど一回デビューしたアイドル出身参加者が多数含まれている。ネチズンたちは “期待される。今度にも実力良い子たちたくさん出るよう”(sknf***), “第2のカンダニエルは誰がなるか。視聴率ちゃんと出るのね”(eoin***), “みんなファイトがすごいように”(fdkf***) などのコメントを残してシーズン4と参加者達を向けた関心をあらわした。一方、今度シーズンに研修生ではない既存アイドルが大挙出演すると否定的な視線を送る人も少なくなかった。シーズン4 柄である ‘プロデュースX 101’が食傷するという意見も人目を引く。”率直に元々主旨は研修生ではなかったの?そのまま中高アイドル特集を一度するの。’もっとユニット’のように”(chae***), “タイトル曲が ‘負けるよ’と言いながら。もうプログラム下’負けるよ'”(gues***), “率直に ‘プディユ’はワーナー院で終わらなければならなかった”(ok65***)一方 ‘プロデュースX 101’はグローバルアイドル選抜プロジェクトプログラムで去る3月初合宿を始めて本格的な製作に入った。今年上半期放送予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748187.htm, 2019/03/16 00:00:04]