偶像が ‘偶像’を言う

juY75uB_o

めったに推しはかることができない。’予想どおり流れるの’と言えば予想を脱する。スクリーンやTV ブラウン管で見ているそれより実際に会った彼はもっと多様な魅力を持っていた。たまには教授のように、たまには隣家おじさんのように、たまには友達のように話を列べて人間的な面貌を思いきりあらわした。俳優ハン・ソッキュの話だ。中低音の声、のびやかな言いぐさ。妙に人を導く。8日ソウル鍾路区三清洞一カフェで会ったハン・ソッキュは来る20日封切りを控えた映画 ‘偶像'(監督イ・スジン)に対してゆっくり口をテッダ。”‘偶像’はシナリオ自体が印象的だったです。その雰囲気に圧倒されるという感じと言えよう。読み上げてとどめに突かれたという表現をしたんです。話主題歌本当に印象的だったです。またそれを解く隠喩。初めてそのシナリオを接した時とてもありがとうと思ったんです。普通は演技者が選択することのように見えるが演技者も選択される立場(入場)ですよ。シナリオを読んだ時本当に丹念に使い、意図が良いという考えをしました。イ・スジン監督にありがたかったんです。”しかしハン・ソッキュにも ‘偶像’は冒険だった。大衆性とへだたった主題と話を持っていて投資受けやすくない作品からだ。そのやっぱりシナリオを読むやいなや予想したと言う。それにもかかわらず、ハン・ソッキュはこの作品が必ず気に入った。”グァンゲックブンドルが ‘偶像’を見た禦イ・スジンという演出者がどうしてこのようなのを使ったか。馬鹿ではない以上投資受けにくいのにですね。しかし現在社会の中の私たちの姿を描きたいという意図だったことです。そのため ‘してみましょう’ したんです。本気が通じれば良いと思ったからです。”それでもハン・ソッキュが ‘偶像’の救命回役を務めたことは案外だった。救命回は劇の中で卑怯きわまりない人物だ。救命回は次期道知事候補に挙論になるほどに尊敬と信望が厚い道議員。しかし息子が交通事故に掛かり合いながら崖っぷちに立たされるようになって、彼は振り返えることができない悪事を引き継いで行く。ハン・ソッキュは救命回の卑怯から作品を選択したと言った。”卑怯な人間を一度やってみたかったです。私のイメージとハン・ソッキュという演技者。変身のためではないが、私のそんな姿を通じてうちの観客たちが自分の姿をした番(回)考えてくださればどうかなする心でした。”そうしてみればハン・ソッキュが今まで柔らかい配役だけしたことはなかった。’プリズン’ ‘白夜行’ ‘目には目これにはこの’ ‘殴り誘発者’ ‘淫乱書生’ ‘緋文字’ ‘テルミー・サムシング’ など多い作品で強烈な演技を広げた。しかし相変らず多い人々の記憶の中には ‘8月のクリスマス’ の中外れ写真館で善良な印象を作っている庭園が深くめりこんでいる。そして彼は多くの人々の ‘偶像’になった。インタビュー間ハン・ソッキュは作品話をしている途中急に浮び上がる思い出にほほ笑みを作りもして、悩みもして多様な姿を見せてくれた。ふと彼がどんな人なのか知りたくて聞いたら “皆さんが長い間私を見て来なかったか”とし “その姿が私という人ではないかと思う”と返事した。映画は人間の内面を纎細に描き出して ‘偶像’に対して話す。ハン・ソッキュに ‘偶像’はどんな存在で、誰だろう。”私に最も多い影響を与える人はお母さんです。思えばするほどもっとそれほど感じます。お母さんは私が6歳の時から劇場に連れて通ったんです。私が話す言いかた、豊かな感受性など大部分がお母さんの影響だと見られます。お父さん、兄さんたちもいるがお母さんが一番力強いですね。”デビュー30年目に入ったハン・ソッキュは今の席へ来るまで易しくない過程だったと言った。さまざまな試行錯誤を経験したという彼だ。ベテラン俳優の口から出た思いがけない言葉は新鮮に近付いた。”初めには能動的で主体的な演技者になると思いました。ところでそうではなかったんですよ。演技はどうに応じるのかが重要だったんですよ。結局は私のリアクションがアクションであることですよ。時間がかかりました。一刀そうなのに暮すことも応じながら生きて行くと思います。同じアクションでも反応が違うから。今度一緒に出演したソル・ギョング、チョン・ウヒも尊敬心がヌキョジンダラルカです。尊重してくれることができる位の仲間演技者だったです。その友達がどうして演技するかどうかを分かるんですよ。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748182.htm, 2019/03/16 14:00:03]