リュズンヨル、’お金’ より人

eDhubvB_o

‘小峻烈’.リュズンヨルが牛のように働くからといって付いたニックネームだ。それもそのはずなのが去る1月末封切りした映画 ‘ペングバン’に引き続きリュズンヨルは約1月ぶりに観客と会った。しかし今度 ‘お金’は特に大きい意味があるというのが彼の説明だ。8日ソウル鍾路区八判洞一カフェで映画 ‘お金’の封切りを控えたリュズンヨルに会った。明るい機運で記者に迎えた彼は “‘ペングバン’ 時見られなかった方々もいらっしゃいます”とずるいふざけた言い方を落として雰囲気を愉快にさせた。リュズンヨルは映画で金持ちになりたい夢を抱いて汝矣島証券街に入城した新入株式ブローカーチョ・イリョンを務めた。彼は手始めから最後まで映画を導いて行く。ワンマンショーと言っても過言ではない位にリュズンヨルが映画で占める比重は大きい。”他の映画に比べてキャラクターの軽重が重くはあります。しかしこの映画をしながら ‘映画する楽しさがこんなことだね’を悟りました。良い人々会って良い話して、映画よくできれば良いことで。今度映画をしながら良い思い出作ることに集中したんです。すべて一緒に映画を作って行くという感じが大きかったです。”彼が引き受けたチョ・イリョンというキャラクターはお金の味を見るようになって心境の変化を経験するようになる。身近にいる人々に疎かになって、欲心に目がくらんで大事なものなどを逃す。ふと分かりたかった。リュズンヨル彼も俳優としてあつい人気に乗るようになって周辺で ‘変わったの’と言う話を聞かなかっただろうかと言って言葉だ。”創始期に変わったという話をちょっと聞きました。私がしたい話はそれと別個でポイントが違うことは一所、人間はずっと変わらなければならないという気がします。初審という単語が重要で、良い単語にもかかわらず人間はもうちょっと優れた方に変化しなければならないじゃないでしょうか。’一様だ’と言う言葉がロマンチックだが一方では他の意味で一様なのは良くない意味だから。初審はそのまま持っているが人間は弁解は良いことではないかと思います。”映画 ‘お金’はまさにお金に関する話だ。チョ・イリョンは急に高い金額のお金を触るようになるのに果敢に使うことができない。そのほか作品で表現される成金は大部分ふんだんに使って人生が滅びるという結末をつけるが ‘お金’でチョ・イリョンはこれときめを異にする。あまり果敢な人物ではないということ。リュズンヨルは “それでもっと共感にならないか”と言った。”お金も使ってみた人の苦いとイルヒョンイは書く事ができない人のようです。ところで実は馬鹿でもなくて金儲けしたとふんだんに書けばそれは明日がないのですよ。映画としてちょうど書く場面が入って行けばむしろ共感がないと思いました。むしろお金によって起る人間関係に焦点を合わせたんです。”リュズンヨルはインタビューして特に人間関係の大事であることを強調した。彼は “身近にいる人々を価値あるように思わなければならないのが重要だ”と言った。”実は近くいる人々に上手なことが当たり前なのに一番難しいですね。デビューする前から悩んだ部分なのによくしてくれる人によくしてくれるのが本当に大変です。代表的な例が親に無礼にさせるのですよ。そんな慣れることと当たり前さを一番警戒しなければならないと思います。この映画で私が一番たくさん関与したのが周辺人物たちとの関係でした。”彼は派手な人脈でも有名だ。リュズンヨルは国家代表サッカー選手ソン・フンミン、グローバルアイドルグループエックソなどと親しみで話題を集めたことがある。”話題になって派手に見えるのに実は親しい芸能人が多くなくて、人脈が狭いです。人見知りが激しくて私は主に休む時間に町内友達に会います。新しい方がいらっしゃればはなじろんだり難しいようです。顔面を見分けないふりをします。人脈が特別にないです。”映画でチョ・イリョンは ‘金持ちになりたい’と言う夢を見る。リュズンヨルは “良い俳優になるのが夢”と言った。”私が借りるその夢が大当りや成功、そんな感じではなかったらと思います。それが自然にお金を従うようになるのじゃないか。例えば食堂で ‘大当りしてください’はよくできてお金をたくさん儲けろという意味であって立派な経営者、立派な板前になりなさいという意味ではないでしょう。私は立派な経営者だ前に大当りするのをもっとまずで思う人になりたくないです。”‘お金’は来る20日封切りを控えている。しかし去る6日封切りした映画 ‘キャプテン・マーベル’が映画市場を独占している状態。彼は “市場原理において自然な現象ではないかと思う”と結構平気な反応を見せた。”ただ韓国映画がよくできたらと望むことがある。うちの映画だけではなくても一緒に封切りする韓国映画が外貨と付いた時良い成績をおさめるのが慰労にならないかと思います。韓国で働く俳優たちはすべてそのように思うようですね。”お金の上に人がいる生、周辺を見回ることができる暖かい思いやり、良い俳優。これはリュズンヨルが追い求める生の方式であるようだった。彼は “単純に演技が上手だと終わるのではないその人と作業すれば幸せでおもしろくて、信頼の行く人になりたい”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748218.htm, 2019/03/17 12:00:02]