麻薬に酔うように ‘お金’に酔う

Hl0y8uB_o

お金に目がくらんで災いを呼ぶというクルリシェの定石。映画 ‘お金’の話だ。パク・ヌリ監督はこの有り勝ちな設定の話をきれいで気ばたらきありげに連れて行く。有り勝ちだが有り勝ちではないように、退屈な法しかし退屈ではないように1分1秒も逃さないで楽しさを与える。映画 ‘お金’は汝矣島証券街の話を雄大に盛っているようだが実はお金とテリョははなすことができない私たちの話を描いた。平凡な青年である新入株式ブローカーチョ・イリョン(リュズンヨル分)がお金の味を見て変わって行く姿は共感台を形成したり、また私たちがお金をどう思っているのか振り返えるようにする。実は株式、金融、汝矣島証券街などが素材だと映画に付いて行きにくいアンウルカという恐れがあるが全然心配する必要ない。パク監督は枝打ちするのを確かに日簡潔で、聞き分けやすい金融圏(?) 映画を作った。’お金’のおもしろい理由は私たちの日常が映画全般に敷かれているからだ。映画は証券市場の話を取り上げたのではなく一事件に置かれた各人物に焦点を合わせたから楽しさを倍加する。またこれを演技したキム・ゼヨン、チョン・マンシク、円陣よ、キム・ミンゼ、キム・ゾンスなどが高いシンクロ率を誇る。しかし予想可能な古臭い展開が惜しくはある。’お金’はリュズンヨルのワンマンショーと言っても過言ではない。合計67回次の中で60回次に出演して映画を導いて進む彼は純粋、愉快、怒り、焦燥と心細い。絶望、欲望に目覚める姿などチョ・イリョンの多様な感情線に自然にへたばった。だから観客もチョ・イリョンに自然に移入するようになる。ユ・ジテは映画 ‘サバハ’に引き続き ‘お金’でも悪役を務めた。ミステリーした人物番号札役を務めた彼は存在だけでスクリーンを圧倒する。ある危険にも沈着さを維持する。さらに余裕のあるほほ笑みまでする姿で、それに対する知りたい事を育てる。ユ・ジテは番号札と鏡餠を成した。チョ・ウジンも鋭いながらも愉快な金融監督院の鮮犬ハンジチォル役をよく消化した。執拗さと根性、脅迫と共感、人間的な面などハンジチォル役を立体的に描き出して映画をいっそうもっとふんだんにさせる。このなかに集中するに値する俳優たちがいる。俳優キム・ゼヨンとワンジンアだ。キム・ゼヨンはチョ・イリョンと入社同期チョン・ウソン役を務めた。彼は家・スペック・外貌皆すぐれたチョン・ウソンを安定感あるように描いた。ワンジンアは ‘お金’で演技変身をまともにした。女性ブローカー役を務めた彼は講壇ありながらもセクシーな感じの女性で表現して人目を引く。’お金’は来る20日封切りする。上映時間は115分。15三観覧可だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748181.htm, 2019/03/17 00:00:03]