慣れることと新しさの間

LIxpevB_o

2015年映画 ‘インサイダーたち’で本格的な存在感をあらわしてtvN ドラマ ‘お化け’で花の道を開いた俳優チョ・ウジン。彼が最近3年間出演した作品数万おおよそ20余便だ。最近には “映画何便取っているのか”が同僚俳優たちのあいさつとするほどに多い作品を取っているチョ・ウジン。もう映画ポスターに彼の名前がいなければぎこちない位だ。慣れながらも毎度新しい顔で現われるチョ・ウジンは来る20日封切りする映画 ‘お金’で観客と出会いを待っている。11日ソウル鍾路区八判洞一カフェでチョ・ウジンに会った。映画 ‘お金’のロゴが刻まれた灰色フードティーシャツを着た彼は “広告用フードなのに最近みたいな変り目天気にぴったりなので着た。とても楽だ”とずるいふざけた言い方を落とした。真剣だとうわさが立ったそのなのにインタビュー手始めから自然に雰囲気を解いて行く彼の姿は案外だった。俳優チョ・ウジンと言えば浮び上がる姿は多くのキャラクターがある。先立って言及した ‘インサイダーたち’のチョ常務訳科 ‘お化け’ キム秘書役は勿論、心憎い害する事ができなかった台殴りたい ‘国家不渡りの日’ 財政国借款、最後まで自分の人々を守ろうとする ‘流布’のバックウルリョング、主人公よりもっと力強いイメージの ‘麻薬王’のゾソングガング、’1987’の朴鐘哲叔父などがある。彼は善と悪を行き交って出演する作品ごとに新しい人で現われる。”‘トウジン’ ‘小雨陣’と呼ばれるのを分かっています。そこに対して無念無想ならお寺にドルオがヤですよ。私が思っても驚くほどに多い作品をしてキャラクターを引き受けたからです。そんな大衆の意見も謙虚に収容して ‘トウジンが今度は新しいね’ あるいは ‘今度はこんな魅力店を持っているのね’と感じるほどに熱心にしようと思います。”チョ・ウジンは ‘お金’で金融監督院の鮮犬ハンジチォル役を務めた。不法作戦のにおいを嗅いで執拗に追い掛ける人物だ。彼はハンジチォルという人物に会って “二つのキーワードが浮び上がった”と言った。”執拗さとワークホリックという単語が浮び上がりました。鮮犬として強い表情の強いトンを持って近付けば観客たちが想像するイメージにあまり正解を差し上げることつまらないです。少なくないお金を出して映画を見にいらっしゃる方々に私の試みるに値する方式ではないと思ったんです。なぜ ‘が人ががニャングゲになったか’から始めました。まじめな仮装(家長)と同時に公務員だったでしょうに、犯罪がジヌングファドエオがで大きくなるのにその中の一方を占める職業人じゃないでしょうか。この人が仕事にもっとぶら下げられるしかないのですよ。それでとても酷いあげく鮮犬というニックネームを聞き取りになり、そうして見るから仮装(家長)の役目を果たすことができなくて離婚しなかっただろうかたいです。それで監督様に ‘離婚者設定にすればどうでしょう’ して申し上げて反映されたんです。”チョ・ウジンの言葉のように ‘お金’で彼はそのほか作品から描いて来た有り勝ちな ‘狩人’のキャラクターを断片的に描かなかった。人間的ながらもカリスマある立体的なキャラクターで表現した。ハンジチォル役が多様な面貌を持っただけ人物に付いて行く楽しさがある。”私が分析したキャラクターやアイデアを立体的に見たら、その原動力は多分相手俳優ではないかと思います。’お金’を眺める視覚と態度が他のところ、多くの相手を向い合いながら演技していると違うように出るようです。相手のリアクションに当たる私のリアクションを思う方だから、そこに起因した結果物のようですね。”その間幾多の作品を取って来たそのなのに相変らず自分の映画を見る時ならば “とても緊張する”と身をすくめた。”演技が上手なのにそうなのか”と言うとチョ・ウジンは “顔が赤くなる”ときまり悪いほほ笑みをした。映画 ‘お金’はある人物が巨大な金額のお金を手に握るようになって変わって行く過程を描いた。チョ・ウジンは大衆に名前を知らせながら ‘変わった’と言う話を聞いてみたことはないか。”‘変わった’と言う話聞いてみたことあります。3~4年前から感じたことなのに、人が変わる速度よりその人を眺める視線がもっと早く変わるようだったんですよ。それでその人がそれほど感じれば仕方ないようです。それでも斉家 ‘変わらなかったの’ 弁解することもちょっとそうじゃないでしょうか。四十過ぎるからもうそんな話をする人もいないようですね。ハハ。”チョ・ウジンは最近3年間20編の作品に出演した。精神的、肉体的に結構大変だったはず。彼は “もう結構息がちょっと満ちる感じがした”と言った。”熱心に走る時は分からないのに止めてみると分かるんじゃないか。最近二つ程の月位休んだが息がちょっと満ちるんですよ。息満ちなければサイコではないんでしょうか?ハハ。先輩たちが安否を問う時も ‘あなた作品何をするの?’ではなく ‘いくつするの?’と聞いてください。大丈夫なのかと聞く方もいらっしゃいます。現場出ないか一週間、十日位になった時何でも満たさなければならないようで本も見てお酒も飲んで、運動もしたんです。延期ではない違うのをもうちょっと酷くしたようですね。”チョ・ウジンは作品を選択する時一番先に思うのは ‘私の学ぶ点があるか?’と言った。彼は “善良な役でも、悪役でも学ぶのがある”と言った。”悪役キャラクターでも確かに学ぶのがあります。そのキャラクターが抱いている正当性と名分だと思います。それを作って行くための一番目が ‘学ぶのが何か’であることですよ”のべつ幕無しに作品活動ばかりした彼なので休む時は何をするのか知りたかった。彼は最近関心事はいちめん家廷生活だとした。”家廷生活に充実に臨もうと努力しています。結婚の前にも撮影するために忙しくて新婚旅行が行けなかったんですよ。最近撮影に出ないか二つのオダル位になってあの時家族旅行も行ってしたんです。その時間が一番好きなようです。家族をめんどうを見て、のようにどこ通って。世の中すべての仮装(家長)は分かるが自分の時間を引き出しやすくないでしょう。家族たちと一緒にいる時間が大事なようです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748219.htm, 2019/03/18 00:00:02]