ウィハズンが ‘ロマンスは別冊付録’を対する姿勢

6lItlvB_o

“初ドラマ主演作なので負担が大きかったが、その恐れと圧迫感を勝ち抜けていっそうもっと成長することができました。私には良い勉強になった作品でした。”ウィハズンは作品と一緒にした時間を ‘勉強’と表現した。まるで予習、復習が徹底的な模範生に会ったような第一印象を与えた彼とのインタビューは、その間彼が主演まで立ち上がるためにいつも努力した時間を感じらせた。去る17日終映したtvN ドラマ ‘ロマンスは別冊付録'(以下 ‘別冊付録’) 出演俳優ウィハズンに会った。この日インタビューはソウル市上岩洞編集局社屋で進行された。劇の中でウィハズンはフリーランサー北デザイナージソズンで分解纎細で感性的ながらも時には冷笑的な面貌を消化して熱演を広げた。’別冊付録’は本を読まない現代人の世の中で本を作る人々の話を盛り込んだロマンチックコメディードラマ。劇の中でジソズンの片思いする講壇が(イ・ナヨンの方)は名門大出身有名コピーライターだったが結婚と出産、離婚後約7年ぶりに就職市場に入って ‘経歴断絶’という障害物に挫折する人物だ。ウィハズンはそんな講壇異意敍事に共感を示して “私もそんな時があったから理解ができるんですよ。大学に入学した後2~3年の間は毎度オーディションを見る度に落ちて良くない反応を見たことが多かったです”と言った。しかし引き継いで “そうな時は家族と友達の応援で勝ち抜けました。そして私の演技が好んでくださる監督様たちに会った時 ‘よこんなに私を好んでくれる方々もいらっしゃるね’と悟って力を得たんです”と付け加えた。大きい注目を引くことができなかったが挫折しないで発展して成長するために黙黙と努力した時間も回想した。”本が大好きな性格ではないが、それでも初めから活字自体を嫌やがるのではないです。故郷(全羅道小安も)で上京してからいくばくもなかった時は毎日インターネットで記事や文等を読みながら標準語を習ったんです。対話体文は育成でよって読みながら発声演習をしました”このように2017年放送したドラマKBS2 ‘黄金色私の人生’で助演類役を引き受ける前までにしても多くの映画とドラマの端役、助演を経ったウィハズン。過去と現在自分の姿も客観的に眺めた。”2年前までにしてもすべての延期を計算してしました。私の分量のせりふは勿論で相手大使まで助詞一つ違わなくて覚えたんですよ。それで延期そのものを楽しむことができなかったようです。機械的に延期をしたことです。私の立場(入場)では熱心に努力したのだったが、結局それが毒になったです。周辺人々も私の演技を見れば ‘硬く見える’ ‘緊張したように見える’と言ったんですよ。今は少し余裕が生じて楽しみながら延期をするようになりました。””せりふを助詞一つ違わなくて覚えた”と言った彼の言葉は課長ではなかった。’別冊付録’ の中印象深かった場面を説明しながらも彼の ‘努力型俳優’として真価は現われた。ウィハズンは劇の中でガングダンイがチァウンホに対する自分の感情をホンランスロウォして彼を ‘古い本’に比喩してジソズンに助言を求める場面を言及したが、劇の中でジソズンが言った長いせりふをはじめから最後まで支えることなしにべらべら吐きながら描いた。ちょっと驚きを示すと、ウィハズンはひょろ長がって “この前の習慣が残っていたか相変らずせりふは徹底的に覚えて通います。終映したがまだまでも ‘別冊付録’のほとんどすべてのせりふを覚えています”と答えた。またウィハズンはジソズンという人物を理解するために撮影に先立ってキャラクター勉強をして時間を過ごしたと言った。彼は “直接書店へ行って諸本もたくさん読んで見て本表紙もき帳面に見て最近図書トレンドを理解しようと努力しました”と言いながら “ドロウィングをする場面は周辺で実際職業がデザイナーである友達の助けを借りたりし、本については直接書店を運営する友達の助けを借りたんです”と説明した。こんなにささいな姿一つも完壁に準備しようと思った彼が理解しにくかった場面もあると言った。ウィハズンは劇の中でガングダンイがジソズンに ‘恋人よりは友達の仲で残ろう’と線を引く時、直ちに納得するジソズンを理解しにくかったと説明した。”私がジソズンの状況だったらそのようにところで受け入れる事ができなかったんです。その部分シナリオを読みながら ‘ジソズンはガングダンイをそのようにまで好きなことがではなかったのか?’と疑問を持ったんですよ。ソズンイがそのように早くダンイをあきらめることができなかったです”といっていた彼は意外にジソズンというキャラクターと正反対の面貌を見せた。ウィハズンは自分の恋愛スタイルを説明して “私は ‘ジックジンナム’です。好感行く人がいればためらわないですね。初出会いにも先に声を掛けて近付いて親しくなろうと思います”と言いながら “‘別冊付録’ の中ソズンイのように易しくあきらめた愛は愛が多分アニオッウルジも分からないと思います”と言った。劇の中でジソズンとソングヒェリンが友情を分けながら交感する場面には “実際の私は宋代里みたいな人が周辺にあったら、そんなに親しいヨサチン(女人友達)で維持することができないようです。私は男女の間に友達はいないと思う方です”と言いながら愛においては講壇あって断固たる姿をあらわした。暖かくて西文したように見えるイメージ徳なのか、その間 ‘ロマンスは別冊付録’ ‘ご飯よく買ってくれるきれいなお姉さん’ ‘最高の離婚’ など多数ロマンスドラマに出演して来た彼。しかしすぐ封切りする映画 ‘ゴルカブス’では意外に悪役を務めたの。ウィハズンは “悪役でも善良な役目でも構わないが、アクション演技を本当にやってみたいです。今まで積んで来た暖かい彼氏イメージも良いが、強烈とかっこいい男としての役目も引き受けてみたいですね”と告白した。しかし引き続き両手を集めて “しかし私を捜してくれる方々と作品にはそれがどんなジャンルでもただ感謝するだけです。続いてたくさん俳優ながら発展したいです”という謙遜することで仕上げた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748281.htm, 2019/03/19 05:00:02]