ネットフリックス、’カンヌ映画祭障壁’ また支えた…競争作進出難しくて

TNW8mvB_o

全世界的に人気を呼んでいる映像プラットフォームネットフリックスだが、映画賞最高の権威を誇るカン国際映画祭進出は難しい見込みだ。19日(韓国時刻) 映画クラスメディアバラエティーはこのように報道してネットフリックスとカン国際映画祭側が今年書で他の立場差を狭めることができなかったと説明した。このために今年ネットフリックスで製作した作品はカン国際映画祭に進出しにくいようだ。去年にもネットフリックス製作映画はカン国際映画祭に進出することができなかったところある。第70回カン国際映画祭競争部門に進出したボン・ジュンホ監督の ‘玉姿’とノア・バームバック監督の ‘もっとマイオロウィツストーリー’が唯一のネットフリックス作品。しかし当時にも劇場封切りをしないネットフリックスの作品が間競争部門に進出することは正しくないとフランス内で反発が起きた。結局間組織委員会が苦心の末に2018年から競争部門進出作をフランス内劇場封切り作に限定して来ている状況だ。カン国際映画祭と違いベニス国際映画祭はネットフリックス製作映画を競争作で招待している。ネットフリックスが ‘間の障壁’をくぐって堂堂と競争部門招請作品で名前をあげるか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748386.htm, 2019/03/19 11:50:45]