勝利、口につけてvs 延期…甲論乙駁

dw6fkvB_o

ビッグバンの前メンバー勝利(29・本名イ・スンヒョン)が自分が運営したクラブボニングソンと係わって各種犯罪疑惑を受けている中に勝利の入隊と係わったネチズンの甲論乙駁が人目を引いている。警察が多様な陳述及び情況などを確保して捜査に速度を出している位、入隊を演技するとしてもまともにできた捜査を終えなければならないという立場と捜査と別個で国防の義務を果たさなければならないという立場で分けられて舌戦をしている様相だ。このなかに兵務庁側が勝利の軍隊入営延期書類を受けたことがないと伝えて論難が加重されている。これと関してネチズンたちは “処罰をまともに受けなくてはならない。何の軍隊みたいな音しているのね”(pyr2***), “軍隊が急なのか。今ここに掛かり合った人物と犯罪事件がミョッゲンデ。軍隊に逃げだせば今捜査も空クジだ”(alsn***), “軍隊は誰でも行くのか?犯罪者も受けてくれますか?”(cheo***) などのコメントを残して ‘ボニングソンゲート’と係わった捜査に集中することを強力に促した。これと他の意見を見せるネチズンたちの意見も相当だ。”国民の義務は果たさなくてはならない。こんなにしていて軍隊細くないことではないの?”(chow****), “オチァピ執行猶予出るようだが。そのまま軍隊や街だと”(dkdn****), “私が勝利なら軍隊行こうと踏ん張る”(skdn****) などのコメントで軍入隊を優先視しなければならないと主張していて人目を引く。先立って勝利は14日ソウル鍾路区ソウル地方警察庁広域捜査隊で進行された海外ソングゾブデ斡旋疑い関連の調査を終えた後直接軍入隊を言及したことがある。当時彼は “兵務庁に正式で入営延期申し込みをする予定だ。ホラックヘズシンダなら入営を演技して終わりまでまじめに調査受けるようにする”と言って入営延期に対する強い意志を見せた。しかし18日兵務庁スポークスマン室は “まだ勝利の入営延期に関した書類を受けたことがない”と言って入隊延期可否と関連、もう一度大きい論難を予告している。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748351.htm, 2019/03/19 00:00:03]