独走する ‘キャプテン・マーベル’, 韓映画登板に折れようか

G348mvB_o

‘アベンジャーズ:エンドゲーム’に行くための彼最後の段階である映画 ‘キャプテン・マーベル’が13日目ボックスオフィストップを占めている。来る20日映画 ‘お金’ ‘偶像’ ‘悪質警察’ など韓国映画たちが大挙封切りを控えた中に ‘キャプテン・マーベル’の疾走があくまでつながるか関心が集中される。19日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば ‘キャプテン・マーベル’は去る18日一日の間8万2946人の観客を動員、累積観客468万2275人を記録してボックスオフィス1位を占めた。これは全国1592個スクリーンで8043番(回)上映した結果で、500万観客突破を控えている。先立って ‘アベンジャーズ:インフィニティウォー’が封切り5日ぶりに500万観客を突破したことと比べると ‘キャプテン・マーベル’の興行速度はめっきり落ちる。一方マーブルソロムービーと比べた時は比較的早い興行速度だ。去年封切りした ‘アントマンとワスプ'(2018)と ‘ブラックパンサー’は封切り18日ぶりに500万人を突破した。また2016年封切りした ‘ドクターストレーン誌’は封切り24日ぶりに500万観客を突破した。’キャプテン・マーベル’は今週の内で500万観客突破ができるようだ。このように国内はもちろん海外でも高い人気を謳歌している ‘キャプテン・マーベル’は北米で2週連続ボックスオフィス1位を占めている。だけでなく国内を含んだ全世界収益は7億6208万3380ドル(18日北米基準)でハンファに換算すれば約8638億2151万ウォンに達する。しかし安心することは早い。来る20日韓国映画 ‘お金’と ‘偶像’ ‘悪質警察’が並んで封切りするからだ。特にリュズンヨル、ユ・ジテ、チョ・ウジン、ハン・ソッキュ、ソル・ギョング、チョン・ウヒ、イ・ソンギュンなどとても有名な忠武路俳優たちが出演する位観客の期待も高い。同時に ‘お金’は現在 ‘キャプテン・マーベル’を折って前売り率1位を占めている。19日午前11時基準、’お金’の前売り率は28.6%を、’キャプテン・マーベル’は20%を記録中に8.6% ポイント差が出る。また20日封切りする映画 ‘偶像’は13.4%を記録して3位を、’悪質警察’は6.2%で4位を占めていてボックスオフィス版図がどう変わるか関心が集中される。一方 ‘キャプテン・マーベル’は記憶を失ったパイロットキャロルデンボス(ブリラスン)がシールド要員ネッキピュリ(サムエルL。ジャクソン)に会ってアベンジャーズの最後の希望 ‘キャプテン・マーベル’で生まれかわる話を描く。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748384.htm, 2019/03/19 11:51:52]