‘お金’, ‘キャプテン・マーベル’ 折った。..封切り初日ボックスオフィス1位

OmptyvB_o

映画 ‘お金’が14日間独走した ‘キャプテン・マーベル’を折ってボックスオフィス1位を占めた。21日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば去る20日封切りした ‘お金'(監督パク・ヌリ)はこの日一日の間16万5838人観客を動員した。封切りの前時事などを含んだ累積観客は25万4186人を記録してボックスオフィス1位を取った。これは全国1146個スクリーンで5258番(回)上映した結果だ。’お金’は金持ちになりたかった新入株式ブローカーイルヒョン(リュズンヨル分)がベールに包まれた作戦設計者番号札(ユ・ジテの方)に会った後巨額をかけた作戦に巻き込まれるようになって起る話を盛り込んだ。俳優リュズンヨル、ユ・ジテ、チョ・ウジンなどが出演する作品で汝矣島証券街を背景にする娯楽映画だ。2位は ‘キャプテン・マーベル’で、去る20日一日の間4万6045人の観客が見た。累積観客は480万1421人を動員した。去る6日封切り以後ボックスオフィス1位を続いて来た ‘キャプテン・マーベル’は ‘お金’の封切りと同時に2位に下落した。3位は ‘悪質警察’, 4位は ‘偶像’だ。’悪質警察’は3万3072人の観客を集めて、累積観客3万6155人を記録した。’偶像’は一日の間2万7183人の観客が映画を見て累積観客3万6689人を集めた。’偶像’が ‘悪質警察’より一日観客数は少ないけれど累積観客数では先立っている状況だ。このように去る20日 ‘お金’ ‘悪質警察’ ‘偶像’ などの韓国映画が本格的に登板しながら外貨が主だったボックスオフィスの雰囲気を覆した。一方
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748603.htm, 2019/03/21 10:21:30]