キム・キトック・ホン・サンス、問題的監督たちの ‘花の道’ 歩み

4kVSyvB_o

性暴行・不倫など物議をかもしたキム・キトックホン・サンス監督。プライベート論難にもかかわらず、彼らの新作は海外有数映画祭に招かれて認定を受けている。海外映画祭はこのような論難を意識しない姿だ。おかげさまでキム・キトックホン・サンス監督は国内ではフックギルを、海外では花の道を集めている。21日ニュース円は国内封切りが無産されたキム・キトック監督の作品 ‘人間、空間、時間そして人間’が再び海外映画祭に招請されたと報道した。先立ってこの作品は去る3月に開かれた第29回ユバリ国際ファンタスティック映画祭開幕作に選定されたことがあり、去年第68回ベルリン国際映画祭のパノラマスペシャル部門に公式の招請されたりした。’人間、空間、時間そして人間’はキム監督の23番目長編映画で多様な年齢・職業群の人々が退役した軍艦に旅行する中未知の空間に至ると生存のために事件を起こす話だ。俳優チャン・グンソク、アン・ソンギ、イ・ソンジェ、リュ・スンボン、日本俳優オ茶器里組と後であって米やなどが出演した。この作品は去年3月MBC ‘PD手帳’でキム監督の性醜聞疑惑がはみでると国内封切りが無産された。以後キム監督は自分の性醜聞疑惑を提起した女俳優を誣告疑いで告訴したが、検察は去る1月女俳優と ‘PD手帳’ 製作陣に無嫌疑処分を下した。しかしキム監督は相変らず海外で認定を受けて各種映画祭に招請を受けている。偶然の一致なのかホン・サンス監督の23番目長編映画 ‘川辺ホテル’も多数の海外映画祭に招請を受けた。’川辺ホテル’は第17回ロカルノ国際映画祭主演男優賞、第56回ヒホングックゼヤングファゼ最優秀作品賞・最優秀脚本賞・主演男優賞など3個部門を受賞した。また第56回ニューヨーク映画祭第43回トロント国際映画祭第45回ゲントヤングファゼ、第29回ストックホルム映画祭、第19回東京フィルムエックス、第33回マール・デル・プラタ国際映画祭、第20回リウところナゼイで国際映画祭、第29回シンガポール国際映画祭など全世界映画祭で関心を持った。特にこの作品は紅監督とキム・ミンヒが一緒にした7番目長編映画期もする。’今は当たってあの時は違う’ ‘あなた自分とあなたの物’ ‘夜の浜辺でひとり’ ‘クレアのカメラ’ ‘その後’ ‘草の葉っぱ’ などが先立って一緒に作業した作品なのに、’不倫関係’である二人が一緒にした作品が特に海外でもっと多い関心を持つ姿だ。このなかに今日(21日) 開かれる ‘川辺ホテル’ マスコミ配給試写会にも紅監督とキム・ミンヒは参加しない。映画に対する監督の企画意図と俳優がどう演技したのかに関する話を聞いてみることができないというのだ。二人は2017年封切りした映画 ‘夜の浜辺でひとり’ マスコミ試写会以後2年目公式石像に姿をあらわしていない。’川辺ホテル’は川辺のホテルにただで泊っている詩人が長く見なかった二人の息子を呼んで、一緒に暮した男に裏切られた一若い女が川辺ホテルに部屋を取りながら起ることを描いた。俳優ギ・ジュボン、キム・ミンヒ、ソン・ソンミ、クォン・ヘヒョ、ユ・ジュンサン、シン・ソクホなどが出演する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748620.htm, 2019/03/21 12:00:01]