‘ドクタープリズノ’, ナムグン・ミンがすればなる理由

7dVNBvB_o

初放送から熱い。KBS 2TV 水木ドラマ ‘ドクタープリズノ’が初放送から視聴者たちの特別な関心を受けている。特に放送が出た後ドラマの主人公に出演する俳優ナムグン・ミンを向けた好評が並んでいて人目を引く。ナムグン・ミンは ‘キム課長’に引き続き ‘ドクタープリズノ’まで成功させて自分の能力を証明することができるか。去る20日午後放送された ‘ドクタープリズノ’は最初化から9.8%(以下ニールセンコリア提供、全国基準)の視聴率を記録した。似ている時間に放送されたMBC 水木ドラマ ‘春が来るが春'(4.3%), SBS ‘ビッグイシュー'(4.6%)をずっと先立った数値だ。この作品は大型病院で逐出された外科エース年制が刑務所医療課長になった後開かれる話を盛り込む。メディカルジャンルだが、主な話が刑務所で開かれるという点でその間放映されたメディカルドラマと差別化を置いた。主人公年制は俳優ナムグン・ミンが演技する。年制はテガング病院応急医学センターエースだが、お父さんは前科17犯、聴覚障害者お母さんを置いた不遇な幼年の頃をおさめている人物だ。3年前医療事故で医師兔許まで止められた彼は西ソウル刑務所医療課長席に支援して ‘巨大なけんか’を計画している。初放送が出た後、ドラマ自体に向けた関心も熱かったが何より主演俳優ナムグン・ミンを向けた好評が並んだ。劇の敍事を構成する劇初盤からナムグン・ミンの比重が8割以上を占めた中に俳優の賢い緩急調節が大きい分け前をしたという理由だ。ナムグン・ミンはがっちりしている演技力をもとに善と悪を行き交う年制キャラクターを纎細で立体感あるように表現して次のストーリーに対する知りたい事を起こさせている。先立って彼はKBS 2TV ‘キム課長’とSBS ‘美女空心が’, ‘リメムボ-息子の戦争’でもがっちりしている演技力で視聴率牽引にかっかくした功を立てて自分の存在感を立証した。’リメムボ-息子の戦争’の場合最高視聴率20.3%, ‘美女空心が’は15.1%, ‘キム課長’は18.4%を記録したことがある。もっとおもしろい部分はナムグン・ミンの引き受けたキャラクターが毎度他のきめを持ったという点だ。’キム課長’ではいけずうずうしくて楽天的な会社員キム・ソンリョンで、’美女空心が’では正義のある弁護士アンダンテで、’リメムボ-息子の戦争’では暴れん坊財閥2歳ナムギュだけで分解各々他の個性をキャラクターに吹き入れた。’リメムボ-息子の戦争’のような場合ナムグン・ミンを中心にした作品ではなかったにも主人公劣らない強烈な存在感を残した彼だ。先立った作品で視聴率、演技力を皆認められたナムグン・ミンだから彼が新しく出演する ‘ドクタープリズノ’ また期待感を集めるのは当然だ。ナムグン・ミン所属社935エンター関係者は21日に “初放送から反応が良くて幸いだ。初放送が出る時にもドラマ撮影に盛んでいなさいナムグン・ミンに直接的な所感は聞くことができなかったが、日夜なしに忙しいスケジュール中キャラクターに没入している”と説明した。引き継いで “俳優が最善をつくしているから今後とも多い愛をお願い致す”と言う要請も忘れなかった。ナムグン・ミンがもう一度 ‘人生キャラクター’を作り上げることができるか奥座敷視聴者の目と耳が集中されている。KBS 2TV ‘ドクタープリズノ’は毎週数木午後10時に放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748672.htm, 2019/03/22 00:00:04]