‘勝利影響?’ワングデリュック、来韓記者懇談会突然取り消し

sX90DvB_o

22日予定されていた映画 ‘いたずらなキス’ 来韓記者懇談会が取り消された。配給社オード(AUD)は21日午後 “22日午後4時30分CGV 竜山アイパークモールで進行予定である映画 ‘いたずらなキス’ プレングキチェン監督と俳優ワングデリュックの来韓記者懇談会が内部的な事情によって取り消された”と明らかにした。先立ってワングデリュックとプレングキチェン監督は21日から24日まで四日間の来韓を定めて、多様な広報活動に突入する予定だった。しかし来韓記者懇談会を急に取り消しながら論難になっている。今度記者懇談会取り消しはワングデリュックの要請ではない、映画社の決定であると知られた。先立ってワングデリュックは最近論難になっている歌手勝利とジョン・ジュンヨンと親しみでクリップボニングソンを訪問した事実が知られて論難に巻き込まれた。ワングデリュックは “今度論難と関係ない”とし “力強い法的対応をする”と言ったが、自分の名前が挙論されたことに負担を感じたようだ。ワングデリュックは去る21日ネイバーVライブ、KBS クールFM ‘悪童ミュージシャンスヒョンのボリュームを高めます’に出演した。来る22日には舞台挨拶、チュイングチェッ中継を進行して23, 24日には観客と対話及びライブラリこつり行事に参加する。一方 ‘いたずらなキス’は ‘私の少女時代’のプレングキチェン監督とワングデリュックの再会で関心を集めた。この作品はF半分ウィアンシャングチンのA半分 ‘男神’ ザングズスに向けた勇ましい片思い話を盛り込んだ。来る27日封切り。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1748702.htm, 2019/03/22 09:05:00]